英会話がオンラインで上達する理由!無料体験もある?

英会話 モチベーション

英会話は、ライフスタイルの幅を広げてくれる最高のツールです。

でも日本にいると、普段の生活で使うことがほとんどないから、いつまで経っても話せません。というより、できれば外人との接触を避けたい!?

これからは、そんなネガティブな考え方だと、生活範囲がどんどん狭くなっていきそうです。

オリンピックになれば、一気に海外から外国人が押し寄せてきますから、日本にいても海外に行くのと同じような状況に!

『英会話』はオンラインで複数の相手と直接話すのがベスト!

十年間も学校で英語を学び、社会人になってからも英会話教室へ通いました。

会社では、半強制的に、外人講師が終業後にレッスンをやってくれました。でも、英会話はまったく身に付きませんでした。なぜ?

最近わかったことは、”読み書き”と”聞く話す”は違うテクニックだということ。もう少し正確に言うと、”読む”ときに頭のなかで日本語に訳してしまうことが災いしているようです。

会話の時には、英語は英語として解釈しないと、頭の中でついていけなくなってしまいます。

でも受験英語は、英語を訳すこと、つまり日本語に置き換えることだけが主でしたから、どうしてもその感覚が抜けない。

つい、無意識に日本語に訳してしまう。それを変える最善の方法は、たった一つしかないことに気が付きました。今さらですが・・・。

そのヒントが、オンライン英会話にありました。

日常英会話が役に立たなかった場面

英会話/パーティ

日本で仕事をしてきましたが、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドの方たちとの取引きも随分やってきました。

もちろん親しくなれば、食事をしたり一緒にゴルフ、ホームパーティに呼ばれたこともありました。型通りの挨拶まではいいとして、問題はその後です。

日本に長く住んでいる外国人は、日本語ができなくても、日本人よりいろいろなことを良く勉強しています。全国各地の風土から歴史まで。

英会話教室で習う日常英会話は、日本をあまり知らない外国人に説明するならいいかもしれません。でも、日本を良く知っている相手に、小学生にするような話題では”つまらないやつだ”と思われるのは間違いありません。

一日一緒にいて、会話に困らず楽しく過ごせた場所、ゴルフコースぐらいでしょうか。わからない言葉が、ほとんど無いので。

ビジネスでは逃げていた英会話

そんなレベルでよく外国人と取引できたね、と思われるかもしれません。でもビジネスは、そんなレベルで充分なんですね。

ビジネスでは、具体的な内容の打合せはメールでやりとりをしていました。

理由は、2つです。

●英語でのミーティングに自信がなかったこと
● 間違えた解釈をすると大きなトラブルにつながる

ビジネスでの取引は、最終的に契約書を作成し、双方がサインしますから、じっくりと内容チェックができます。

英語を”読む”のは、日本人の得意技ですね。まして、契約書では決まった言い回しがありますから、なれればそれほど苦にはなりません。

あるとき、取引先のアメリカ本社と直接交渉しなければいけなくなりました。先方の女性からは、”わからないことがあれば電話をしてほしい”とのメッセージ。

でも、メールでは何度もやりとりしましたが、ついに一度も電話はしませんでした。正直、相手からの電話の内容が正確に聞き取れないかもしれない、という不安ですね。

英会話/電話

遊びや食事で会おうという話なら、日時と場所さえ理解できればいいわけですが、仕事となればそうはいきません。

まして、電話ですむはずの要件を、アメリカ本社へ出張なんてわけにもいきません。

オンラインだから英語を楽しめる2つの理由

オンライン英会話にも、いろいろなプログラムがありますが、これなら楽しく続けられそうだとピンときたのが、DMM英会話

DMM英会話は、オンラインプログラムのなかでも一番人気ですが、個人的には英会話教室と同じ結果になりそう、なんて勝手に思いこんでました。

しかし、私の思い込みが間違いだったことに気付くまで、それほど時間はかかりませんでした。DMM英会話だからと言ったほうがいいのかもしれませんが、その理由は次の3つです。

  • リアルタイムのskypeミーティング
  • 世界100か国の講師から選べる
  • 1レッスンの時間が短い25分!

時間を予約して、リアルタイムのskypeミーティングなので、逃げられない!

これ、私にとっては大きなポイントです。

そしてなんといっても、世界100か国の講師陣から複数の講師を選んで、会話ができること。実は、英会話は人によっても、国によっても、地域によってもクセが違います。

だから、同じ人とだけ話していると、他の人との会話が苦手になります。私が電話で仕事の打ち合わせをしたくなかったのもこれ。

いろいろな人と会話ができるって、実践と同じなんです。それに、話題がリアルタイムで変わるのもいいですね。あきません。

ホリエモンこと、堀江貴文さんも、このプログラムを体験していますが、自分が言い出した話題で、単語が出てこなくて困ってました。その様子がこちら。

そして私向きなのが、1日1レッスン、25分! 2~3レッスンもあるようですが、私には1レッスンが飽きない長さです。よく言えば、コツコツタイプ。

そして費用も、1レッスンあたりコーヒー1杯分200円弱なので、楽に続けられそう。

いまなら、オンライン無料体験募集中なので、見逃したらもったいないですね。

コメント