”話しを切り替える”ときの英語表現

英会話・アルファベット 英会話

会話の途中で、話題を切り換えたいときがあります。

それ以上突っ込んで聞かれたくないとき、本題から逸れて盛り上がったしまったときなど、”ところで・・・” とか “話は変わるけど・・・” と前置きしてから話題をかえます。

”By the way” など、英語にもいろいろな表現がありますが、聞き慣れないと頭の中が真っ白になり、その後のフレーズがまったく耳から入ってこなくなります。

”話は変わるけど・・・” は英語でなんていえばいい?

会話が盛り上がってきたところで、話題を変えたい時があります。

日本人同志の会話では、”ところで、あれどうした?” 、”話変わるけど・・・” などの前置きをすることもありますが、ときにはいきなり別の話を切り出すことも少なくありません。

”この前のコース、フェアウェイにディポットが多くて最悪!”

”来月は、凸凹カントリーにしようよ。料理が旨いし。”

日本人同士なら、これで充分話は通じますが、外国人の場合、話題を切り換えるためのフレーズがないと混乱するようです。

 

”ところで、来月は・・・” と、一語つけ加えるだけで前後の脈絡がはっきりしますね。

英語ですぐ頭に浮かぶのは、 ”By the way” ですが、人によっていろいろなフレーズを使っているようです。

LDOCE、DMMオンラインの海外講師が、どんな言い方をするのか調べました。

同じ英国人でも表現は10人10色

by the way
”Oh, by the way, Vicky called while you were out.”
出典:LDOCE

“anyway” とともに、一番使いやすくオーソドックスな言い回し。

anyway
Anyway, have you seen the trailer to that film….”
出典:Adel A/ DMM英会話講師(英国)

So”を、anywayに換えて使うこともできます。”trailer”は、予告のこと。

このあたりまでは、分かりますが・・・

On another note…
出典:Jerryann/DMM英会話講師(カナダ)

〇 Just got to change the subject a little
〇 On a completely different matter 
出典:Caryn/DMM英会話講師(英国)

会話の途中で、いきなり言われたら、一瞬とまどうかも・・・。

〇 Topic change
〇 Speaking of which…
〇 I am sorry, this is unrelated to what we are talking about,
出典:Ronel /DMM英会話講師(南アフリカ)

”Speaking of which…”は、新しいアイデアを導入するときなどに使われるようです。

〇 Let’s change the subject
〇 Pretty straight forward and obviously
出典:Ronel /DMM英会話講師(南アフリカ)

Let’s change the subject“は、かなりストレートな言い方。”Pretty…” は、別のことについて話したいときに使うそうです。

ていねいに話題を換えたいことを伝える場合、次のように表現するいことも・・・。

“I am sorry, this is unrelated to what we are talking about, but, may I ask a question?”
出典:Ronel /DMM英会話講師(南アフリカ)

調べたら、まだまだたくさんの表現法があります。

私自身、シチュエーションや相手による使い分けがよく分かっていませんが、なんとなくイメージはつかんでいただけると思います。

いろいろな人と話して耳を慣らす

スピーキングに関しては、使いやすい表現方法をいくつか覚えておけばいいと思います。

しかし、ヒアリングについては、同じ意味でも表現方法がいろいろ変わります。できれば、多くの外国人と会話をする機会をつくったほうがいいでしょう。

その点、DMMオンライン英会話は、世界100か国の講師とskypeで話せるのがメリット!

いまなら無料体験レッスンがありますから、キャンペーン期間中に、一度ためしてその効果を実感したほうがわかりやすいかもしれません。

コメント