ヘッドライトの黄ばみ!セルフ除去だとすぐに曇るけど・・・

バナー画像は、ヘッドライトクリーニングのビフォーアフター!
車が古くなってくると、ヘッドライトがだんだん黄ばんできます。

そこまで年数乗らないって方もいますが、愛着のある車や普段から手入れが行き届いている車だと、なかなか買い換える機会がありません。

まして高齢になると、いまさら新車を買うのも、なんてことを考えてしまいます。

あまりみっともなくならないように、洗車は心掛けていても、どうしてもキレイにならない部分があります。

それが、ヘッドライト!

どんなに車をキレイに磨いても、ヘッドライトが黄ばんでいるとみっともないですね。逆に、ヘッドライドがキレイだと、車が輝いてみえるから不思議です。

ヘッドライトの黄ばみのセルフ除去が難しいワケ

いまの車のヘッドライトは、ポリカーボネート製ですが、昔の車はガラス製でした。

ポリカーボネートは丈夫で軽く、耐久性にも優れていますが、ガラス製と比べて唯一の欠点が”黄ばみ”です。普段、あまり気にすることが少ないと思いますが、新車から5年ぐらい経つと、ヘッドライトに黄ばみがでてきます。

黄ばみがあると車検が受からない

昔は、ヘッドライトが黄ばんでいても車検が通りましたが、2016年9月に、「車検時のヘッドライト基準」が変更になりました。

ヘッドライトがあまり黄ばんでいると、車検が受かりません。

黄ばみを放置するのは危険!

ヘッドライトの黄ばみ、日中は気になりませんが、夜ヘッドライトを点けると照らし出された場所の輪郭がぼんやりします。特に、ブロック塀などを照らすと、左に切れ上がっていく光のラインがぼやけているのがよくわかります。

一度気になりだすと、なんだかすべてがぼんやりして見えてくるから不思議です。実際、照らし出される路面も暗い。アッパービームにしたいところですが、対向車のことを考えるとそんなわけにはいきません。

雨の日や薄暗い夕方ともなれば、なおさら危険が増します。ヘッドライトの車検基準が厳しくなったのには、そんな理由から。

ヘッドライトの黄ばみのデメリット4つ

ヘッドライトの黄ばみのデメリットをまとめると、次の4つが挙げられます。

  • せっかくイイ車でも見た目が残念
  • 量が足りずに車検に通らない
  • 光量不足で夜ヘッドライトを点灯しても暗い
  • 車を売る際の査定額が下がってしまう

セルフで黄ばみを除去もできるけど・・・

カーショップへいけば、ヘッドライトの黄ばみを除去するセルフキットを、3,000円ぐらいで購入することができます。

しかし、研磨するためのポリッシャーなどの機器がければ、きれいに仕上げるのは大変です。自分でやったことがありますが、キレイに磨いたつもりでもなんとなく曇った感じに。

さらに、1年ぐらい経つと再び曇りと黄ばみが出てきてしまいます。

新車が5年間もピかピカなワケは、表面を特殊加工しているから。

劣化の原因は紫外線!

ヘッドライトが黄ばむ一番の原因は、紫外線!
強い紫外線は、ポリカ―ボネートにとっても大敵です。

ヘッドライトの黄ばみ除去はプロにまかせるのが一番!

ヘッドライトの黄ばみ除去を専門におこなっている専門業者があります。

「リベンライズ」というヘッドライトクリーニング専門業者ですが、現在のところ営業エリアは首都圏だけのようです。

リベンライズ公式サイト

「リベンライズ」ヘッドライトクリーニングでもとの輝きに!

リベンライズのヘッドクリーニングで表面を研磨した後の画像です。コーティングがしっかりされているので、とても長持ちします。セルフでやると、だいたい1年ぐらいで再び曇りが出てきてしまいます。

リベンライズの料金

<料金> 
両目10,000円
片目: 7,500円

※出張費・ポリマー加工込み

<営業エリア>
基本的に関東一円となっていますが、東京・神奈川・埼玉・千葉がメインです。

 

現在キャンペーン中!

 

現在、リベンライズの公式サイトから申し込みすると、20%OFF!

両目8,000円(消費税込)

コメント