<VISAカード>プロパーは無い?おすすめは?

お金のこと

三井住友VISAカードは、数あるクレジットカードのなかでも、一番使い勝手がいいカードと言ってもいいでしょう。

海外ではVISAがあれば、まず困るようなことはありませんが、アメリカでは、AMEXを持っていることがステータス。

AMEX・プロパーカード審査の厳しさと高額な年会費が、社会的信用の裏付けになっています。

「提携カード」は、プロパーカードとはサービス内容も違い、ステータスとしてのメリットもありません。

VISAは、どうでしょう。

厳密に言えば、VISAにはプロパーカードがありません。VISAカードの裏面を見るとわかりますが、発行会社として「三井住友カード株式会社」の文字が記載されています。

だったら、VISAのマークが付いていれば、どこの提携カードも同じではと思いがちですが、サービス内容にはかなり違いがありますので、選ぶときには要注意!

VISAカードにもいろいろな種類がある

ここで「プロパーカード」と呼ぶのは、”VISA”ではなく、三井住友カード株式会社のプロパーカードです。

三井住友カードが発行したカードは、「スタンダード」とも呼ばれています。

VISAカード・スタンダード・プロパー

三井住友カード公式サイトから、4種類のカードを引用しましたが、中央に「三井住友カード」と記載されています。パルテノン神殿が描かれているのが、スタンダードの基本的なデザイン。

下段左には神殿が描かれていませんが、”三井住友VISAバーチャルカード”です。

「提携カード」は、VISAのクレジット機能は同じですが、提携企業が発行したカードということになります。

「プロパーカード」「提携カード」合わせて250種類以上!

2019.5.23現在、三井住友VISAカードの「プロパーカード」は17種類、「提携カード」はなんと239種類にも。

提携カードのデザインは、それぞれの企業カラーを反映したデザインになっていますから、ぱっと見たところでは、VISAカードというイメージが薄いのが特徴。

VISAカード・提携カード

例として、三井住友カード公式サイトから引用しましたが、左上から「ANA」「peach」「近畿日本ツーリスト」「いなげや」のVISA提携カードです。

VISAのロゴが、右下に小さく表示されていますね。

「プロパーカード」は「提携カード」とどう違う?

「プロパーカード」は、カード会社が直接、「提携カード」は提携先が発行します。

提携カードは、”VISAのクレジット機能も使えるカード”と考えたほうがいいでしょう。

複数の会社のサービスが使えるから便利じゃない?と思われるかもしれませんが、サービス内容は提携先によってかなり変わりますから、事前にチェックしておく必要があります。

提携企業のポイントを貯めるのが目的であれば、話は別ですが。

また、AMEXのプロパーカードほどではありませんが、「ゴールドカード」や「プラチナカード」など、ステータス性が高いカードもあります。

キャッシュレスは何を選ぶ? メリット・デメリットは?
キャッシュレス化は避けて通れない時代に!海外では現金を持ち歩くのは犯罪リスクもあり危険!手軽な決済システムとして、QRコード決済もいろいろあるようですが、個人の信用を証明するのはなんといってもクレジットカード。使いすぎなど不安があるというかたも・・・

三井住友VISA「プロパーカード」のメリット

提携カードには、航空会社と提携してマイルがたまったり、「ヒナタカード」のように、毎月の電気・ガス代の支払いでポイントがたまるものなどいろいろあります。

それぞれの提携カードで、サービス内容にかなりの違いがあり、単純に比較はできませんが、三井住友VISA「プロパーカード」のメリットは、以下のとおりです。

  • 「提携カード」にはないサービス
  • プロパーカードとしてのステータス
  • 海外での信用度

「提携カード」にはないサービス

プロパーカードには、提携カードにはない「ゴールド」「プラチナ」などの種別があり、それぞれのサービス内容には大きな違いがあるのもメリットになっています。

※一部の提携カードには、「ゴールドカード」で提携しているものもあります。

  • 「ゴールド」「プラチナ」などの種別
  • 旅行傷害保険
  • 各種キャンペーン
  • ワールドプレゼント
  • コンビニ・マクドナルドで優遇ポイントなど

 

提携カードには三井住友VISAのサービスではなく、提携先のサービスが付帯されていると考えていたほうがいいでしょう。

なかには、「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」のように、VISAプラチナがセットになっているものもあります。

また、提携カードのなかには、年会費が高いものも。

「プロパーカード」だと、コンビニ・マックでのポイント5倍になります! ※一部のカードは、優遇ポイントです。

プロパーカードとしてのステータス

三井住友VISAカードは、「プロパーカード」でも「提携カード」でも、日本では、今のところステータス面での違いは感じられません。これは、AMEXでも同じですね。

「DinersClub」はステータスの高さでも知られていますが、サービス内容と海外のホテル・店舗の対応を考えると、正直AMEXの方が上ではないでしょうか。

アメリカでは、AMEXのプロパーカードだと、ホテルや店舗の対応が変わることが少なくありません。

個人的には、AMEXのプラチナカード(コーポレート)しか使ったことがないので、DinersClubとの比較をすべきではないかもしれませんが・・・。

DinersClubは、JCBと提携したことで、世界2,600万の加盟店で使えるようになり、利便性は高くなりましたが、昔ほどのステータス性は薄れたように感じます。

海外での信用度

VISAは、世界200か国以上の国と地域、加盟店数は、約4,000万店と言われています。

加盟店数はMasterCardとほぼ同じで、ヨーロッパでは、MasterCardの方が強いなどと言われることがありますが、実際にはほぼ同じ

プロパーカードでも提携カードでも、同じように使えるはずですが・・・。

実は、提携カードの使用を断られる場合があります!

理由は、海外では、絵柄を見て判断されることがあるから。

人気のイラストが付いた提携カードは、日本ではなじみがあっても、外国人にはわかってもらえないことも。

VISAのロゴが付いていさえすれば、世界中のVISA加盟店ならどこでも使える、とは限らないようです。

使い勝手のいい三井住友VISAカード

個人的に使っているのは、三井住友VISAカード「クラシック」。

三井住友VISAカード・クラシック

これだけでも不便を感じたことはまったくありませんが、付帯サービスを期待するのであれば、「ゴールド」や「プラチナ」、さらには「ブラック」と呼ばれるカードを目指すのもいいかもしれません。

少なくとも、カード決済する店で、三井住友VISAカードが使えなかったこと、記憶にありません。

<三井住友VISAカード「クラシック」の特徴>

  • 年会費 1,250円(税別)
    ※インターネット入会で初年度無料
  • 旅行傷害保険 最大2,000万円
  • ポイントサービス ワールドプレゼント!
  • コンビニ・マックでポイント5倍
  • 特別キャンペーン!
  • カードの盗難・紛失でも安心サポート!

世界で一番使えるカード!三井住友VISAカード

条件付きで年会費が無料に!

三井住友VISAカード「プロパーカード」には、”初年度無料”ですが、次年度以降も割引や無料になる制度があります。

  • 利用代金WEB明細書サービス最大1,000円(税抜)割引
  • 「マイ・ペイすリボ」申込+利用年会費無料・半額
  • 前年度のカード利用金額に応じて翌年度年会費無料・半額

提携カードの場合、会社ごとに年会費はかなり違いますから、初年度が無料であっても、次年度以降の条件を確認されたほうがいいでしょう。

ポイント制度について

三井住友VISAカードのポイント制度は、1,000円につき1ポイントが基本です。

コンビニ・マックならポイント5倍ですが、百貨店内やGSなど、一部の店舗では5倍にならない店舗もあります。

また、wawon、nanaco、Tポイント、au EALLET、Real Payなど、他社24種類のポイントへの移行が可能です。

「プロパーカード」と「提携カード」のサービス比較

提携カードは、基本的には提携先のサービスを目的としています。

三井住友VISAカードの基本サービスとは別、と考えたほうがいいと思いますので、いくつかご紹介します。

項目三井住友VISAカード「クラシック」クラブツーリズムカードANA VISA Suicaカード
カード三井住友VISAカード・クラシック三井住友VISAカード・クラブツーリズム三井住友VISAカード・ANA-VISA-SUICA
年会費1,250円1,250円2,000円
旅行傷害保険2,000万円1,000万円
最短発行3日3日2~3週間
ワールドプレゼント
ポイントコンビニ・マックポイントが、5倍ポイントで旅行代金支払いボーナスマイル
特別キャンペーン

三井住友カード一覧はこちら

年齢などによっておススメのカードが違います

三井住友VISAカードには、17種類ものプロパーカードがあり、年齢などによっておすすめのカードが違います。

おもなカードを、いくつかご紹介します。※ 年会費は、税別です。

<三井住友VISAクラシックカード>

三井住友VISAカード・クラシック

特徴・条件

スタンダードなカード ※満18歳以上の方(高校生は除く)

年会費

初年度:無料
翌年度~:1,250円
※割引特典

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAカード・デビュープラス

特徴・条件18歳~25歳限定! いつでもポイント2倍
年会費初年度:無料
翌年度:年1回利用で無料

三井住友VISAアミティエカード

三井住友VISAカード・アミティエ

特徴・条件旅行やショッピングなど、アクティブに楽しむ女性専用カード!
年会費初年度:無料
翌年度~:1,250円
※割引特典

三井住友VISAバーチャルカード

三井住友VISAカード・バーチャル

特徴・条件インターネット決済に便利!世界中のVISAネット加盟店で利用!
年会費年会費:300円

 

三井住友カード一覧はこちら

まとめ

クレジットカードを上手に活用することで、高額な現金の持ち歩きなどによるストレスから解放され、家計の計画的な支出にも役立ちます。

クレジット機能に不安を感じる方もいますが、デビットカードやプリペイドと上手に併用することで、お金の管理もしやすくなると思います。

「プロパーカード」は、クレジットカード本来の機能にカード発行会社独自のサービスを付加したものですが、三井住友VISAカードではさまざまなかたちで差別化を図っています。

個人の信用のバロメータとしても、三井住友VISAカードの「プロパーカード」を、1枚作っておかれることをおすすめします。

コメント