肝斑にレーザー治療がなぜできない?レーザートーニングとは?

シミ対策

シミの一種である「肝斑」には、レーザー治療ができないことはよく知られています。

一言でいえば、レーザーそのものが大きな刺激になって、さらに悪化させる可能性があるからです。

最近では、「レーザートーニング」という新しい治療法が開発され、肌に余計な刺激を与えずに肝斑の治療ができるとされていますが、まず「外用薬」と「内服薬」の併用を試してから、という専門医がいるのも事実です。

肝斑治療の難しさをあらわしていますが、30代~40代から出始めるシミだけに、女性にとっては悩みのタネといえます。

「肝斑」紫外線だけではなくホルモンの影響が強いシミ

肝斑がやっかいなのは、それまでシミ一つ無かった顔に、突然表れることです。

それも、肌トラブルやシミなどが一番気になる年齢で・・・。

シミと言えば、”日光黒子”とも言われる「老人性色素班」のように、紫外線や皮膚の老化が原因で表れると思われがちです。

しかし、肝斑にはホルモンが関係していると言われ、紫外線などの刺激や精神的ストレスによって悪化していくことがわかっています。

老人性色素班の治療法として知られる”レーザー治療”は、レーザー照射によってメラニン色素を破壊し、正常な細胞はほとんど破壊しません。それでも、照射した部分は、術後しばらくはかさぶたになります。

スキンケアで悩んでいませんか?間違えると取り返しが・・・
年齢とともに、肌の悩みが増えていきます。シミ・シワ・くすみ・くま・毛穴など、隠れていたものが表われてくるだけでなく、アレルギーによる痒みなどの症状もひどくなります。このような症状は、肌質や体質によるところが大きいですが、普段の生活に差...

肝斑治療には強すぎる「レーザー治療」

レーザー治療では、光がメラニン色素に吸収され、熱エネルギーに変わることで、メラニン色素が破壊されます。

破壊されたメラニン色素は、深部にあるものは体内で処理され、表皮にあるものは、ターンオーバーのサイクルで、垢となって落ちていきます。

これがレーザー治療のしくみですが、治療の時に発生する熱エネルギーが、肝斑の隠れた原因といわれる炎症を悪化させてしまうと言われています。

それによって、肝斑がキレイにならないだけでなく、新しいシミをつくるとも言われます。

そのため、肝斑の治療法として、初めに外用薬(トラネキサム酸配合)+内服薬(ビタミンCなど)を試し、改善しないようであればレーザートーニングを使ってみることを推奨する専門医もいます。

肝斑治療に使われる「レーザートーニング」とは

クリニックによっては、「レーザートーニング」と呼ばれる治療法を施術するところもあります。

レーザートーニングは、通常のレーザーと比べると、非常に弱いエネルギーを使うので、肌にあまり負担をかけないで施術法です。それが、肝斑の治療に使うことができる理由です。

患者の肝斑の程度や施術経過によっても、施術する回数が違いますが、通常、週1回、5~10回程度施術するケースが多いようです。

効果が実感できるまで、2~3回目と言われていますが、肝斑はその後の継続的なケアも必要で再発しやすいとも言われています。

ポイントをまとめると、次のようになります。

<レーザートーニングのポイント>

  • 施術中の痛みはゴムで弾く程度
  • 週1回で5~10回程度の施術
  • 効果を持続するためには施術の継続が必要
  • トラネキサム酸やビタミンCの併用で効果
  • 費用は部分治療で1回につき10,000円前後

施術中の痛み

レーザートーニングは、1回の治療が10分程度で、麻酔をすることはありませんが、ゴムで弾かれたような軽い痛みがあります。

術後、赤みやほてりが感じられることがありますが、数時間~1日でおさまり、通常のレーザー治療のように、術後、かさぶたができないことが特徴です。

継続的な治療が必要

肝斑は、レーザートーニングを重ねることで、徐々に薄くなっていきます。

2~3回の施術で、効果が体感できるようになるとされていますが、肝斑は再発しやすいシミなので、継続的な治療が推奨されています。

トラネキサム酸などの外用薬ビタミンCの内服薬の併用から始めることををすすめるクリニックもありますから、レーザートーニングは最終的な選択肢と考えたほうがいいかと思います。

レーザートーニングの施術後に、トラネキサム酸とビタミンCの導入をおこなうクリニックもあります。あるクリニックの場合、導入料金:5,400(税別)となっています。

まず美白クリームとサプリメントを試してみる

レーザートーニングを積極的に施術するクリニックもある一方で、まず、外用薬と内服薬の併用で経過観察し、レーザートーニングを最終手段とするクリニックもあります。

”どちらがリスクが少ないか” といえば、当然、外用薬と内服薬の併用

外用薬の有効成分は「トラネキサム酸」ですが、トラネキサム酸を配合した薬用クリームも市販されています。

また、美白や抗酸化作用がある「ビタミンC」を配合した薬用のサプリメントにも、評判の良いものがいろいろありますので、まずはあせらずに試してみたほうがいいかと思います。

コメント