<マダガスカル>高カカオチョコの食べ方!嗜好品orスイーツ?

食のたのしみ

ショコラマダガスカルは、マダガスカル産チョコレート100%!

普段食べて慣れている高カカオチョコレートが多いですが、さすがに100%COCOAは初めて。

過去に99%COCOAで失敗?していましたから。

先日、たまたま通販サイトで、マダガスカルチョコレート純度100%のものを見つけました。それが、ショコラマダガスカル!

99%COCOAの苦い記憶がありましたから迷いましたが、”マダガスカル”の文字が頭から離れず、ついにショコラマダガスカル100%を取り寄せてしまいました。

高カカオチョコレートとは、純度70%以上のものを呼びますが、90%以上でこれまで食べたのは、リンツエクセレンス99%COCOA。

かなり以前に一度だけ食べて”無理!”と思い、その後は70~90%の間で楽しいでいましたから、それ以来。しかも100%!また後悔?

そもそも、チョコレートって「嗜好品」「スイーツ」どっち?

ショコラマダガスカルチョコレート100%の食べ方

高カカオチョコレート、特にショコラマダガスカル100%COCOAは、普段から甘いチョコレートを食べ慣れている方にはあまりおススメできません。

チョコレートについては、ポリフェノール効果がかなり知られてきましたから、無理して高カカオチョコレートを食べている方も多いと思いのではないでしょうか。

しかし、薬やサプリメントではないので、美味しく食べなければたのしみが無いですね。

こちらが、ショコラマダガスカル100%COCOAです。

パッケージの左上には、「CHOCOLATE GOLDEN BEAN 2017 WINNER」のラベルが輝いています。

ショコラマダガスカルは独特の風味

高カカオチョコレートでも、70%程度であればそれほど抵抗がないかもしれません。多分、カカオ豆そのものの風味を感じることもできるはず。

しかし、90%以上になると苦みの強さ際立って、美味しさを感じる前に舌が拒絶反応を示すかもしれません。もちろん、この苦みが楽しみの一つですが。

ショコラマダガスカルは、苦みだけでなく独特のフルーティな酸味が特徴で、さらにナッツのような香りもします。

マダガスカルチョコレートの味わいを知ったキッカケは、有楽製菓のスティックタイプの板チョコ。このブログでも、以前書きました。

有楽製菓のマダガスカルチョコレートには、カカオの純度については書いてありませんでしたが、多分、60%前後?

私が、マダガスカルチョコレートに興味を持ったキッカケのチョコレートです。有楽製菓という名前を聞いて、「ブラックサンダー」というお菓子が頭に浮かぶ人の方が多いと思います。でも、スティックタイプの板チョコもかなり本格的な優れもの。

ショコラマダガスカルにも、期待!

International Chocolate Awards 2017 金賞受賞

ショコラマダガスカルは、チョコレートの国際的な品評会「International Chocolate Awards 」で、2017年に、「Tree to Bar部門」で金賞を受賞しています。

パッケージのラベルが、受賞の証です。

”Tree to Bar”とは、生産地で板チョコに加工された商品のこと。

ほとんどの板チョコは、生産地から豆の状態で世界中のメーカーに送られてから加工されますから、ショコラマダガスカルの品質は一般的な板チョコとは一線を画しています。でも、もろ板チョコです。食べ残しの保管がしにくのが難点!

ちなみに、同じく2017年に「Tree to Bar部門」で金賞を受賞しているのが、BELVIE LAM DONG 70%です。こちらも、いずれ機会があれば、味わってみたいところ。

甘さに慣れた舌に高カカオは苦すぎる!

コーヒーや紅茶を飲むときに、普段から砂糖を入れて飲む習慣の方だと、高カカオチョコレートはかなり苦く感じると思います。

ショコラマダガスカルの100%COCOAを食べても、特有のフルーティさではなく苦みしか感じないかもしれません。

普段からコーヒーや紅茶に砂糖やミルクを入れる習慣がある人なら、特に・・・。ショコラマダガスカルには、カカオ含有量の低い商品もありますから、徐々に味覚を慣らしていくのも一つの方法です。

普段から飲み物に砂糖やミルクを入れない習慣が、ショコラマダガスカルのような高カカオチョコレートに合うのかもしれません。

マダガスカル85%COCOA

マダガスカルチョコレート85%

100%COCOAは、すこし不安という方は、85%COCOAにトライしてみては?

85%COCOAになると、かなりマイルド!

純度は間違いありませんが、ほどよい酸味と独特のナッツ系の香りが、強い苦みを抑えているようです。

リンツの70%ぐらいのマイルドさですが、リンツにはない風味が魅力です。

チョコレートは嗜好品?それともスイーツ?

嗜好品には、”趣味として楽しむ”という意味が含まれるようです。つまり、タバコやお酒、お茶など。ショコラマダガスカル100%も。

どの素材も甘くはありませんが、甘さを加えることで美味しさが増すものもあります。お酒でいえば、カクテル。コーヒーや紅茶も、砂糖を入れることで美味しく感じるかたも多いはず。

洋菓子や和菓子などのスイーツは、文字通り甘いものですが、素材の味を殺さずいかに引き出すかがポイント。そうでなければ、単なる砂糖の固まり。

チョコレートやコーヒーなどが、スイーツの食材として使いやすいのは、甘さのバランスを自由に調節できて風味が残るから?

ミルクチョコレートは、嗜好品というよりスイーツに近い風味です。

舌が甘いチョコレートに慣れてしまうと、味わう基準がスイーツになり、カカオ本来の風味を楽しめなくなるように感じます。

そう考えると、チョコレートを自分の口の中でミックスして楽しむのも有り?

ショコラマダガスカルは純度100%だけに、そのフルーティな風味が苦みを抑えて際立っているように感じます。多分、他の高カカオチョコレートに抵抗が無い方なら、その特徴を楽しむことができるはずです。

 

高カカオチョコは楽しむために食べるもの

カカオポリフェノール効果を期待して、チョコレートを食べる気持ちは理解できますが、チョコレートは本来嗜好品として楽しんで味わうものだと思います。

70%以上の高カカオチョコレートを、毎日25g、無理して食べ続けるの大変!量にこだわらず純度の高いものを、コーヒーや紅茶などと一緒に味わうのがおススメ。

私は、よくアーモンドと一緒に食べますが、口の中でミックスされ、ショコラマダガスカルの風味が生かされたまま、まろやかさも出てきます。

ウィスキーやバーボンと一緒に味わうのも最高ですが、意外に日本酒にも合うことを最近知りました。

 

コメント