歯周病予防にマウスウォッシュの効果は?おススメは!

口腔ケア

歯周病は、もしかしたら日常生活で一番やっかいな病気じゃないか、と思うことがあります。

理由は、

  • 自覚症状があまりなく進行すること
  • 進行すると重大な病気の原因になること
  • ニオイで人に不快感を与えること
  • 歯が無くなること
  • 料理を楽しめなくなること

など、挙げればきりがありません。

また、心筋梗塞や脳梗塞、認知症や糖尿病などの重大な病気の原因になると言われています。

厚生労働省では、「8020(ハチマルニイマル)運動」と称して、”80歳になっても、自分の歯を20本保ちましょう”という運動を展開しています。

歯の本数は、親知らずを除くと全部で28本ですが、80歳で20本残すとなると、かなりの努力が要りそうです。

歯が抜ける一番の原因が、歯周病ということですから、歯磨きよりも歯ぐきのケアが大事

歯周病予防にマウスウォッシュ!効果による使い分けがおススメ!?

週刊文春2019.6.27号「歯の10大新常識」によれば、歯が無くなる(正確には悪くなって抜くことですが・・・)原因の一番は、虫歯ではなく、歯周病とのこと。

虫歯29%にたいして、歯周病37%ですから、あわせて66%!

なんと歯を失う原因の3分の2が、虫歯か歯周病!

特に、歯周病が虫歯を上回っているのが、気になります。

虫歯予防は、子供のころから耳にタコができるほど聞いてきましたが、歯周病は、かなり高齢にならないと実感として湧いてこないようです。

実際に、歯周病予防の必要性を実感するようになると、時すでに遅し、ということでしょうか。

歯周病は治る!?

週刊文春によれば、抜けた歯は元へは戻りませんが、歯周病は改善できるとのこと。

歯が抜ける前にしっかりケアできれば、無事、8020運動を成就することができるかもしれません。

若いから大丈夫、なんて思っていたら大きな間違い!

神奈川県歯科医師会のHPによれば、

15~24歳 3人に2人
25~34歳 4人に3人

45~84歳の統計でピークは55歳だそうですから、ちょっと意外かもしれませんが、高齢になると歯が無くなってしまうので、歯周病も減る?

歯周病には2段階

歯周病とは、「歯肉炎」と「歯周炎」の総称で、慢性的に痛みもなく進行するので、気が付いたら・・・ということが多いようです。

最初になるのが歯肉炎で、歯周ポケットにプラークが溜って炎症が起きて、歯ぐきが赤く腫れるのが始まり。

歯を磨いたときに、歯ぐきから出血することも。

若い人でも、こんな経験あるはず。歯周病が、高齢者だけのものじゃないことが分かります。

正常な歯と歯ぐきのすき間は、1~2mm。これが、4mm以上になると、歯周病の始まりです。実際に、4mmのすき間があるとかなり深い感じです。

私が通う歯医者での要注意ラインは、3mm。

この炎症が進むと、歯槽骨という歯をささえる骨が溶けて、歯がグラグラになり、やがて歯が抜けてしまうというプロセスです。

歯周病のセルフチェック

日本臨床歯周病学会のHPには、セルフチェックのための項目が載っています。

  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
  • ブラッシング時に出血する。
  • 口臭が気になる。
  • 歯肉がむずがゆい、痛い。
  • 歯肉が赤く腫れている。(健康的な歯肉はピンク色で引き締まっている)
  • かたい物が噛みにくい。
  • 歯が長くなったような気がする。
  • 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた。食物が挟まる。

 

上記の項目3つあてはまる
油断は禁物です。ご自分および歯医者さんで予防するように努めましょう。
上記の項目6つあてはまる
歯周病が進行している可能性があります。
上記の項目全てあてはまる
歯周病の症状がかなり進んでいます。

あなたは、この項目いくつあてはまりましたか。

歯肉炎の段階なら歯ぐきの状態は改善する

歯ぐきは、歯肉炎の状態であれば、ブラッシングによって出血が止まり、歯ぐきの腫れも改善するようです。さらに、ブラッシングのマッサージ効果によって、歯ぐきの細胞が刺激され、新しい細胞に入れ替わるとのこと

ブラッシングを続けることで、やがて炎症が抑えられますが、ブラッシング中に出血しても止めないことが大事。

根気よく続けると、1~2週間程度で、症状が改善するそうです。

ブラッシングは、歯ぐき1か所につき10秒程度で、電動歯ブラシなら5秒程度。歯磨き粉をつけずにおこない、力を強く入れたり、横方向に大きく動かさないのがポイント!

正しい歯の磨き方

マウスウォッシュ・白い歯・女性

週刊文春の記事中、ブローネマルク・オッセオインテグレイション・センターの小宮山彌太郎院長による、理想的な歯磨きは次のとおりです。

1.液体歯磨き(マウスウォッシュ)でブクブクうがいをする。
2.歯間ブラシやデンタルフロスで歯の間を掃除する。
3.時間をかけて歯磨きをする

液体歯磨き(マウスウォッシュ)は、口臭予防が主な目的ですが、20mlを口に含んで20秒程度ブクブクうがいをしますが、小宮山院長によれば、1分ほどおこなったほうがいいようです。

1分間やると、歯垢が柔らかくなって、筋肉も鍛えられ誤嚥防止にも役立つとのこと。一石二鳥ということでしょうか。

歯磨き粉はフッ素入り

フッ素は、虫歯予防に効果的といわれるのは、歯の再石灰化を促すから。

虫歯菌の酸で溶かされたカルシウムやリンが、しばらくすると歯にもどって再石灰化しますが、フッ素がこの再石灰化を助けるそうです。

一般的に、食後20~30分ほど経って、歯磨きをするのが良いと言われています。

理由は、食事によって口の中が酸性になって歯の表面が柔らかくなるため、食後すぐ歯を磨くと、歯が削れてしまうから。

でも、フッ素に再石灰化の作用があるなら、食後すぐの歯磨きも大丈夫? その点は、ちょっとわかりません。でも、ブラシの先端で擦ってしまうから、フッ素の歯磨き粉でも、直後はマズイんでしょうね。

【薬用】マウスウォッシュ

マウスウォッシュで期待される効果は殺菌作用ですが、有効成分は商品によっても違いがあり、ホワイトニング、消臭などの成分を配合したものもあります。

今、私が使っている「NONIO」と「シシュテック」について、その効果の違いと使い分けをご説明します。

使い分ける理由は、コスト軽減!?

殺菌や爽快感だけなら、コンビニなどでも販売されている【医薬部外品ライオン「NONIO」がおすめです。なんといっても、コスパ!

どの通販でも、600ml(約1ヶ月分)500円前後です。

 

 

〔効果〕※メーカー表記を記載

  • 口臭の防止
  • 口中浄化
  • 口中を爽快にする

 

多機能を求めるなら、薬用シシュテック

<【薬用】シシュテック>

シシュテック_マウスウォッシュ

内容量500ml(約1ヶ月分)
通常価格8,800円(税抜)

〔効果〕※メーカー表記を記載

  • 歯を白くする
  • 口内浄化
  • 歯周病予防
  • 歯肉炎予防
  • 虫歯予防
  • 口臭予防
  • 口内爽快

「NONIO」と「シシュテック」は、どちらも国産かなりの価格差がありますが、有効成分の違いと効果の差が価格に反映しているようです。

シシュテックについては、お得な定期キャンペーンがありますので、あとでご案内します。

効果の赤字が、NONIOとシシュテックの効果の差になります。

シシュテックはリニューアルしましたが、そのときに追加配合された成分が、ホワイトニング成分ポリリン酸ナトリウムです。

シシュテックは、リニューアルでさらにもう一つの成分を追加配合しています。

それが、「マスティハオイル」です。マスティハオイルは、ピロリ菌に着目した研究で話題になり注目された成分ですが、薬用としての効果をうたうことはできません。

さらに、口腔衛生や口臭対策としても注目されています。

マスティハオイルについて詳しくは

 

【医薬部外品】と【薬用】の違いは?
【医薬部外品】と【薬用】は、どちらも同じ意味です。メーカーによって、パッケージなどでの表記に違いがあります。

「シシュテック」と「NONIO」の成分の違い

シシュテックとNONIOには、次のような成分と効果の違いがあります。

成分効果または作用シシュテックNONIO
ポリリン酸ナトリウムホワイトニング
グリチルリチン酸ジカリウム
(グリチルリチン酸2K
【医薬部外品】
歯周病予防
イソプロピルメチルフェノール
(シメンー5-オール)

【医薬部外品】
抗菌成分

アラントイン【医薬部外品】
抗炎症作用
セチルピリジニウムクロリド消臭効果
塩化セチルピリジニウム【医薬部外品】
口腔殺菌
メントール
(ミント)
清涼感
その他成分マスティハオイル
カモミラエキス
ローズマリーエキス
チャエキス

シシュテックが、効果と成分にこだわって配合していることが良くわかります。

NONIOも、非常にシンプルな配合で悪いわけではありませんが、歯周病やホワイトニングにもケアするシシュテックは、ちょっと大人のマウスウォッシュという感じです。

シシュテックの成分について詳しくは

シシュテックのお得な定期キャンぺーン

シシュテックは、「楽天」や「amazon」にも出品がありますが、基本的に、通常価格での販売です。

amazonで、6,850円で販売しているところが1店舗ありますが、継続的に使うのであれば、公式サイトの定期コースお得で安心です。

シシュテックの公式サイトでは、<トクトクコース>キャンペーン実施中!

初回77%OFF 1,980円(税別)、2回目以降 43%OFF 4,980円、回数縛りは4回ですが、5回目以降は、解約・周期変更などが自由にできます。

歯周病によるさまざまな病気のリスクを考えると、マウスウォッシュを使った正しい歯磨き習慣が欠かせません。

しばらくは、シシュテックのような歯周病にもケアするマウスウォッシュを使って、その後、NONIOなどの安価な商品に切り替えるのも一つの方法ですね。

 

ホワイトニング

まとめ

歯周病は、普段の生活にあまり支障がなく、自覚症状も少ないことから、知らず知らずのうちに進行していきます。

週刊文集の記事では、3ヶ月に1回は歯医者で診てもらうことを推奨していますが、私は年1~2回です。「定期点検」「歯垢除去」

ただ、歯磨きは、残念ながら正しい方法とはまったく逆でした。

言われてきれば、なるほどと思いますが、なかなか気づきません。。

「NONIO」と「シシュテック」、どちらも使っていますが、歯ぐきに異常を感じた時はシシュテックです。理由は、シシュテックが高いから。

マウスウォッシュに、爽快感は求めていません。

なんといっても、歯周病ケアが最優先!

ちなみに、歯周ポケットは、以前3mmだったところが、今は2mmになっています。

参考まで。

シシュテック

コメント