20代後半の転職!文系からITエンジニアは無理?

終活・IT関連 ライフワーク

転職を考えるキッカケはさまざまです。

給料が上がらない、単純作業ばかりでスキルが上がらない、職場の人間関係がうまくいかない、など。

入社してからの現状が、描いていたイメージと大きく違うことは良くあります。というより、会社への期待がおおき過ぎた?

ある大手金融機関で新卒採用された女子社員が、配属になった翌日から出社してきませんでした。理由は、”支店に配属されたから” とのこと。

驚きますが、実際にこんなモチベーションの新人もいます。同期で「秘書室」など本社部門へ配属された社員と、自分の処遇を比較したのかもしれません。

もちろん、そのまま辞めました。

毎年、数百人単位で採用している企業では、新人一人ひとりの希望を叶えるのは無理ですね。

20代での仕事の悩みは、その後のライフプランに大きな影響を与えます。”あの時仕事を変えていれば・・・”と後悔しないために、私の経験から参考にしていただければと思います。

自分のキャリアプランは自分で創る

大企業では、社員のスキルアップのプログラムが用意されています。金融機関の場合、入社1年目の半分ぐらいは研修づけ。

その後、資格試験や昇格試験などを消化することが、最低限のキャリアアップの条件。

同期が1回でパスした試験を自分が2回目にパスしたとしたら、その差を挽回するのは至難の業。

でもよく考えると、自分が身に付けたいキャリアじゃない。会社から決められた色に染められる前に、自分の可能性を試してみる。

そんな将来のキャリアプランを考えてもいいのではないでしょうか。

IT業界には、そんなキャリアプラン形成を無料で提供してくれるアカデミーがあります。

配属先で作られてしまうキャリアデザイン

文系社員の配属先は、ほとんどの部門が対象になると言ってもいいかもしれません。

営業、総務、人事、会計、経理、労務、企画、庶務など、ほとんどの部門へ配属されますが、なかにはシステム部門へ配属される社員もいます。

一度配属されたら、上級管理職にならない限り、ずっとそのまま?

システム部門は理系と思われがちですが、基幹業務や管理システムのプログラミングは、文系出身者のほうが多いように感じます。

理系出身者の方とは、産業機械、とくにマザーマシンのプログラミンに関係している方が多いですね。あとは、防衛産業関連の技術開発部門でしょうか。

となると、もしかしたら自分は他の部門や業務の方が向いているんじゃないか、なんて疑問を持ってみることも必要かもしれません。

ハード屋とソフト屋

コンピュータもルーターも、ハードから組立ててしまう方がいます。

ずいぶん昔ですが、使わなくなったPCのハードディスクを外し、プログラムを書き込んだフロッピーディスクで起動し、メモリーに読み込ませて即席ルーターを作ったりしてました。

ある上場企業でシステム構築したときには、不要になったハードディスクを、他へ転用。いまでは、セキュリティ上考えられませんが。

彼は理系で、完璧なハード屋。ソフト屋とは一線を画していて、それが彼のプライドにもなっていたようです。

一方、ソフト屋とは、プログラマーやシステムエンジニアのこと。ソフト屋には文系が多いように感じますが、文系の学生数が理系より圧倒的に多いということも、理由の一つかもしれません。

ソフト屋は文系出身者のほうが適している

プログラミングやシステムエンジニアの仕事は、一日中部屋にこもってPCとにらめっこ、と思われがちです。

しかし、クライアントとの打合せなどで人と接する機会も多く、他のエンジニアとの調整なども必要になります。

この人との交渉が得意なのは、なんといっても文系出身者! 文系出身者は、悪い言い方をすれば ”要領がいい” 、良く言えば、相手の気持ちを上手にくみ取ることができるのが特質です。

ITビジネスの世界では、取引先の責任者のほとんどが文系出身者です。文系出身者のほうが、コミュニケーションがとるのが上手です。性格的に、柔軟性があるのも取引先からの好感度大です。

IT系の技術者が大幅に不足している

経済産業省の調査によれば、IT系技術者の数は2016年には17万人が不足し、2030年にはなんと78.9万人が不足するとのデータがあります。

これから先、IoTやAIの技術が生活に入り込んでくるわけですが、それを支えるネットワークエンジニアの不足が最重要課題になっています。

各メーカーやIT関連企業でも、その人材確保のためにさまざまな対応を考えていますが、そのわかりやすい例がIT技術者の給与水準の高さです。

<2016年度・政府賃金構造基本統計調査>

職業年齢決まって支する現金給与
システム・エンジニア37.4370.8
プログラマー31.6298.7
一級建築士46.9370.8
薬剤師37.4363.5
看護師39.0331.8
臨床検査技師38.4321.0
栄養士35.4237.8
保育士35.4223.3
デザイナー35.3295.4
保険外交員46.4296.0
理容・美容師30.6234.6
娯楽接客業34.5241.5

この表は、政府の統計調査から、一部を抜粋したものです。これには、ボーナスなどは含まれていません。また年齢にもバラツキがありますが、イメージはできると思います。

他の専門的職業と比べても、IT関連の技術者が高い給与水準になっていることがわかります。この傾向は、IoTやAIの導入につれてますます強くなっていくことでしょう。

文系社員がIT系の仕事は向かないと思いこむ3つの理由

プログラミングなどIT系の仕事は、実際にやってみるとその面白さがわかります。しかし、次のような理由から、自分とは無縁の仕事と思い込んでしまいがちです。

● 今の仕事の環境では不要
●勉強する機会がない
●せっかく覚えても仕事がない

文系出身のネットワークエンジニアを無償でも育てたいIT業界

ネットワークエンジニアは、IoTやAIの技術には欠かせない人材です。

そのため、IT関連の大手企業が中心となって、その育成に力を入れ始めています。理由は、スキルとノウハウを持ったは、人材を集めるのが大変だからです。

また、取引先との良好な関係を築くためにも、文系出身者の特性を生かしたいと考えているようです。

そのために、資格取得までの教育費用から就職支援まで、無償でおこなう企業もでてきました。

生命保険の事務からネットワークエンジニアへの転進

女性で、生命保険会社の事務からネットワークエンジニアへ転進した方がいます。

もともとネットワークエンジニアとしては、漠然としたイメージしかなかったようですが、スクール入ってからは、3年後にどうなりたいかの明確なキャリアプランがイメージできるようになったそうです。

今の仕事は、企業の拠点毎の回線切り替え作業の中で、BGPのネイバーがダウンした時間を調べたり、expingというツールを使って疎通確認をしているとのこと。

ネットワークエンジニアの知識が不可欠な仕事なので、とてもやりがいを感じている、と現在の心境を語っていました。

ネットワークエンジニアとしての知識と資格取得、そして就職支援までのサポートを、無料で受けることができたことが大きな飛躍につながっています。

『ネットビジョンアカデミー』無料でネットワークエンジニアを育成!

ネットワークビジョンアカデミーは、無償でネットワークエンジニアを育成している企業です。

ITに関してはまったくの素人を、教育から資格取得、そして就職支援まで無償でできるには、もちろん理由があります。

NTTデータ、IIJ、CROOZ、VSNなどの、大手企業グループがその費用を支援しているからです。

ネットビジョンアカデミー出身者の90%以上が正社員として採用され、派遣社員を含む就職率は100%!

ネットワークエンジニアの経験年数と年収例 ※CISCO調べ

経験年数資格年収
2年以上アソシエイト(CCNA)404万円~578万円
3年以上プロフェッショナル(CCNP)496万円~701万円
4年以上エキスパート(CCIE)645万円~900万円
経験があるフリーランス1000万円以上

『ネットビジョンアカデミー』6つのメリット!

  • 未経験から1ヶ月で資格取得
  • 安心できる就職先
    ※正社員90%以上
  • 無料で勉強
  • シェアハウスが2ヶ月無料
    ※保証金・ベッド代のみ負担:3.8万円
    ※物件はほぼ新築です。

『ネットビジョンアカデミー』で実際に転進した人のコメント

ほかのスクールとの違いは合格率実績の違いだと思います。
・・・ネットビジョンアカデミーに通ったことによって自信がついて就職もできました!
一ヶ月で資格を取得できたということで、周りからも評価が得られています。
エンジニアのなかでもネットワークエンジニアは、技術ももちろんですけど人間性も見るということで、文系理系問わずチャンスがあります。

23歳 就職先:アウトソーシングテクノロジー

この業界で全然未経験で最初は不安でしたが、実機演習があり、スクールも少人数なので、講師は一人一人の状況を把握し、わからない問題を細かく教えて頂いて、一カ月間でCCENTを取得しました

転職活動をしっかりサポートして頂いて(面談練習、技術説明など)、色々助かりました。

元不動産会社勤務 就職先:システム技研株式会社

思い切った転職は20代がチャンス

すでに就職し安定収入を得ている、あるいは現在の処遇に満足しているなど、将来に不安がない方は、いまさら職種転換はしないほうがいいかもしれません。

しかし文系事務職の場合、いつリストラの対象になるかはわかりません。そのときの転職先の選択肢は、それほど多くないことは事実です。

今後、AI化が進んでいく中で、必要とされるマンパワーは減少していきます。一方、IoTやAIい関連したIT技術者のニーズが、ますます高まっていくことは間違いありません。

40歳、50歳からのライフスタイル、見えてますか?

コメント