シミにも種類があって治療法も違う!

シミ対策

紫外線が強くなってくるとシミが気になりますが、シミにもさまざまな種類があります。

一部の化粧品メーカーでは、肝斑をシミとは区別しているところもありますが、一般的には、シミ様の症状を総称して「シミ」と呼んでいます。

シミは、その種類によって原因も治療法も違いますので、整理してみました。

なかでも肝斑は、ホルモンが関係しているので、人によっては高齢になってから消える場合があるようです。

4種類のシミの原因と治療法

シミの原因といえば、紫外線が真っ先に頭に浮かびますが、一言でシミといっても、おもなものだけで4種類に分類されるようです。

  • 日光黒子(にっこうこくし)
  • そばかす
  • 肝斑(かんぱん)
  • 炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)

「日光黒子」だけをシミと呼んでいる専門医もいますが、素人目にはその判断がつきにくい場合が少なくありません。

とくに、混在している場合もありますから、素人判断で間違ったケアをすると、あとで後悔することになります。

日光黒子

老人性色素班とも呼ばれるように、加齢によって、顔や腕、手の甲や背中など、日光にさらされることが多い部位にできるシミです。

おもな原因は紫外線と言われ、目だってくるのは40代からですが、早い人では、30代からでることもあります。

そばかす

雀卵斑(じゃくらんはん)とも呼ばれる褐色の色素班です。ほほや鼻の周りにできやすく、大きさが数ミリ以下の小さなシミです。

遺伝性が強いシミで、紫外線を浴びると症状が悪化しやすくなります

そばかす対策薬用《フレキュレル》の効果について
【薬用】《フレキュレル》は、シミ・そばかすを根本からケアしてくれるそばかす対策専用クリームです。そばかすにも種類があり、使い方にもヒントが・・・

肝斑

女性ホルモンが関係しているシミで、30代から40代の妊娠中の女性に多くみられます。

頬骨や口の周りなどに、左右対称にできるのが特徴で、ストレスや紫外線によって濃くなり、範囲が広がることもあります。

高齢になると、ホルモンの変化に応じて、自然に薄くなっていく場合もあるのが特徴です。

炎症後色素沈着

赤ニキビや吹き出物の痕が、シミのように見えることがあります。ヤケドや化粧品のかぶれが原因になることも。

治った痕が、褐色のシミになって残ります。原因は、皮膚の炎症なので、時間が経つと徐々に薄くなっていきます。

年齢や部位などは、関係ありません。

シミの種類に応じた治療法

南青山皮膚科スキンナビクリニックのHPを参考に、まとめました。

治療法日光黒子そばかす肝斑炎症後色素沈着
シミ取りレーザー治療
キセノン光線治療
レーザーフェイシャル治療
ケミカルピーリング
イオン導入
美白剤

これらの治療法は、実際のシミの症状を細かくチェックしたうえで、最適な治療法が選択されることになります。

ここで採り上げた治療法は、南青山皮膚科スキンナビクリニックでおこなわれている方法です。

この他の専門クリニックでは、フォトRF、Eライト、肝斑のためのレーザートーニングなど、さまざまな治療法を取扱っています。

シミのレーザー治療は、外見的に深刻な悩みをかかえている方にはおすすめです。

しかし、身体的・精神的負担がともないますので、手術を受けるかどうか迷っている方が多いのも事実です。

また、手術痕がしばらく残ることもあり、その後のケア次第では悪化させてしまうことがあるなど、リスクをともなうことは承知しておく必要があります。

シミを消したいけどレーザー治療の心配は値段だけでは・・・
40過ぎると顔にシミが浮いてきます。気付いたときには結構目立ち外出も控えるように・・・。レーザー治療を考える人も多いですが、シミの種類によってはレーザーが使えない場合も。術後のケア次第では、悪化させてしまうこともあるようですから・・・

肝斑は日光黒子の下に隠れていることも

肝斑は、目の周りを避けて頬骨の上に左右対称にできますが、そのタイプもさまざまで、化粧で隠しにくいことも悩みのタネです。

日光黒子の下に肝斑が広がっている場合や、別のシミと混在している場合もあります。

出来る場所は、目の周りだけとは限らず、口の周りや額にできることもあるので、シミができた場所だけで特定はできません。

他のシミと混在している場合、治療法やケアの方法も変わりますから、美白化粧品などを使用するときは要注意です。

肝斑は、女性ホルモンが関係していると言われ、月経不順やピルの服用などで発症することもあるようです。ピルを服用中にシミが出るようなら、専門医へ相談するこをおすすめします。

紫外線からのケア

シミの種類にかかわらず、紫外線は肌にとっては大敵です。

気象庁では、紫外線の強さを示すUVインデックスにおうじた対策をとることを推奨しています。

下図は、環境省「紫外線環境保健マニュアル」から引用したものですが、30歳過ぎてから後悔しないためにも、しっかりとした対策が必要です。

紫外線対策・環境省マニュアル

<紫外線対策>

  • 出来るだけ長袖シャツを着る
  • 日焼け止め対策(UVケア)をする
  • 帽子を被る
  • 日中の外出はできるだけ控える
そばかす対策薬用《フレキュレル》の効果について
【薬用】《フレキュレル》は、シミ・そばかすを根本からケアしてくれるそばかす対策専用クリームです。そばかすにも種類があり、使い方にもヒントが・・・

サプリメントでカラダの内側からケア

シミやシワなど、肌のトラブルには、カラダの内側からのケアが重要であることが知られています。

年齢とともに、ターンオーバーのサイクルが長くなりますから、皮膚の角質層の状態も乱れやすくなります。

そのため、紫外線などの外部刺激にも弱くなり、メラニン色素が沈着しやすくなります。

外側からのケアも大事ですが、カラダの内側からビタミンCなどの栄養素を補給することが欠かせません。

【第三類医薬品】シミ対策サプリ《ホワイトルマン》の効果について
【第三類医薬品】シミ対策サプリ《ホワイトルマン》は、シミ・そばかすに効果があるだけでなく、歯ぐきからの出血予防効果もあるミスミ製薬の医薬品で、妊娠中や授乳期でも飲めるのが好評です。<全額返金保証>が安心!

まとめ

シミは、若い時からすでに肌の下でつくられていますが、肌の表面に表れるのは、30歳を過ぎてから。

わかっていても、アウトドアスポートやバーベキュー、山歩きやキャンプなど、楽しいですよね。

小麦色に焼けたハリのあるキレイな肌も、自慢の一つ。

でも、それが将来の悩みのタネになることだけは知っておいたほうがいいかもしれません。

紫外線は、単にシミだけの問題ではありません。皮膚がンの原因にもなるため、WHOや気象庁が積極的に予防を呼びかけているのです。

コメント