コーヒーのクロロゲン酸を効果的にとる方法

ダイエット

昔からの習慣で、コーヒーを毎朝飲んでいます。ただし、コンビニ。

100円ですが、味も香りも結構いけてます。気がついたら習慣に。最近、1社が、108円に増量値上げしました。

コーヒーは、1日、2~3杯飲みますが、コーヒーに含まれるポリフェノール・クロロゲン酸が注目されるようになってから、少し意識して飲むようになりました。

クロロゲン酸を効率的に摂る方法

コーヒーは、1日3杯ぐらいが良いという意見があれば、5杯という話もあります。

この何杯が良いかの基準は、カフェインの量。カフェインは、眠気を覚ます作用がありますが、同時に「カフェイン中毒」のリスクも。

カフェインの量は、豆によっても違ってきますから、単純に杯数を決めることはできませんが、なにごとも適量ということですね。

ところでクロロゲン酸について、効果や摂取量はどのようになっているのでしょうか、気になります。

クロロゲン酸は熱に弱いがポリフェノール量は変わらない

コーヒーに含まれるクロロゲン酸はポリフェノールの一種ですが、他のポリフェノールも豊富に含まれています。

日本コーヒー協会のHPによれば、コーヒー1杯(約140cc)には、約280mgのポリフェノールが含まれていますが、この量は赤ワインとほぼ変わらない量。日本茶の約2倍です。

コーヒーの品種であるブラジル産カネフォラ種ロブスタの場合、生豆100g中、クロロゲン酸類10.4g、ポリフェノール類(クロロゲン酸類を含む)11.0gとなっています。

生豆の場合、ポリフェノール類のうち、かなりの量がクロロゲン酸類であることがわかります。しかし、焙煎するとクロロゲン酸は減少しますが、ポリフェノールの全体量はそれほど変化しないようです。

日本コーヒー協会の資料から、データの一部を抜粋しました。

焙煎度CQAFQAdi-CQAポリフェノール
生豆7.61.51.311.0
焙煎L値313.70.990.3511.0
焙煎L値252.00.690.1411.1
焙煎L値160.150.120.00810.5

ブラジル産カネフォラ種ロブスタ、クロロゲン酸類:CQA(カフェオイルキナ酸)、FQA(フェルロイルキナ酸)、di-CQA(ジカフェオイルキナ酸)

この表でもわかるように、焙煎度が上がると、クロロゲン酸類は、ポリフェノールの量はほとんど変化していないことが分かります。

同協会の説明では、クロロゲン酸が別のポリフェノール類に変化したようだ、と説明しています。

この報告書では、ブラジル産アラビカ種の豆のデータも掲載されていますが、ポリフェノール類の量は、カネフォラ種ロブスタと比べると3割程度少ない数値になっています。

クロロゲン酸やポリフェノールの効果

クロロゲン酸には、次のような機能性があると報告されています。

<クロロゲン酸の機能>

  • 肥満予防
  • 抗がん作用
  • 糖尿病予防など

ネッスルのHPには、次のような働きがあると掲載されています。

  • 肝機能へのはたらき
  • 血糖値へのはたらき
  • 美容へのはたらき

クロロゲン酸を配合したダイエットサプリは、この機能性に注目したからです。

<ポリフェノールの機能>

  • 抗酸化作用
  • 抗がん作用
  • 肥満予防
  • 抗菌・抗ウィルス作用
  • 口臭予防など

ポリフェノールの種類によって、その働きに違いがありますが、基本的な機能は共通しているようです。

つまり、コーヒーを焙煎することで、クロロゲン酸の量は減少しても、ポリフェノールとしての機能性は期待できることになります。

ある女子大の研究グループの発表によれば、コーヒーポリフェノールの摂取量が多いほど、シミの量が少なくなるとの報告もあるようです。

 クロロゲン酸を減らさないためには焙煎しすぎないほうが良い

クロロゲン酸の量が一番多いのは、生豆の状態ですが、そのまま摂取というわけにはいきません。

焙煎する場合、できるだけ”朝煎り”で飲むのがおススメですが、好みがありますから、難しいところです。

ただ、焙煎度合いにかかわらず、ポリフェノールの総量はあまり変化しませんから、”中煎り”でも”深煎り”でもいいのかもしれません。

中年太りのダイエットが若いときとは違う理由
中年太りは、男性女性にかかわらず悩みのタネですが、その原因は若いころとは少し違うようです。40歳を過ぎてからの中年太りは、若い人とは違うことに気付きます。”洋ナシ型”とか”リンゴ型”とか言われますが、そもそもぱっと見てハリが感じられませ...

まとめ

一般的に、1日当りポリフェノールの摂取量は、1000~1500mg以上と言われ、コーヒーに換算すると3~5杯分。

ただし、深煎りが好みの方は、クロロゲン酸の量が少ないので、サプリメントの形で摂取するのも選択肢の一つです。

 

チャコールバターコーヒー

コメント