現代人の脚気の原因は?他にも足りないビタミンが!

シミ対策

暑い日や涼しい日が交互に続いて、さらには気圧の変動!

体調が崩れやすい季節です。もう少し気候が落ち着けば食欲も増すでしょうけど、今はまだ、つい冷たいメニューに。

バランスよく食事をとっているつもりでも、栄養は偏りがち。

現代人の脚気はビタミン不足が原因!「C」も不足?

コンビニの棚にも、冷やし系の麺類がいろいろ並んでいます。食欲があまりないときなど、そばやうどん類は、とっても都合のよいメニューと言えます。

でも、毎日こんな食事を続けていたら、カラダの栄養バランスがくずれるのは間違いありません。

バランスがくずれると、胃腸の調子や、貧血や除脈などの症状も・・・。栄養素がかたよって、思わぬ体調不良をまねくことにもなりかねません。

栄養失調は、日本では死語のように思っている方も多いようですが、偏食による栄養バランスがくずれることにより、特定の栄養素が不足することでも起こります。

もっとも代表的な欠乏症の一つに”脚気”がありますが、これは、ビタミンB1の欠乏が原因で、脳症や眼球の運動にも影響があるようです。

ビタミンB1の欠乏による脚気により、昔は多くの死者が出ていたようですが、今ではほとんど話題にのぼりません。

食糧事情が良くなった現代では、過去の病気と思われがちですが、じつは今、脚気予備軍が増えているとも言われています。

脚気の原因は「インスタント食品」の摂り過ぎ?

現代人の脚気の原因は、インスタント食品の摂り過ぎと言われています。

インスタント食品は、食欲が落ちたときや忙しいときに、つい食べたくなる手軽な食品です。ちょっと濃い目の味が、塩分の補充にも良さそうですし、そんなに悪い食品とも思えません。

実は、たまに食べるのなら問題はありませんが、栄養バランス的にはあまり良くないとのこと。ときどき食べるぐらいが良いようです。

ビタミンCも不足?

ビタミンB1以外にも、ビタミンCも、現代人にとって不足しがちな栄養素。ビタミンCが不足すると、皮膚や粘膜に影響がでて、傷がなかなか治らない、など皮膚のトラブルの原因になることも。

あまり知られていませんが、交通事故などでケガをしたときに、ビタミンCが処方されることがあります。

ビタミンCは、栄養補給であることは間違いありませんが、抗酸化作用や免疫力を高める効果があり、皮膚や粘膜などにも作用して、ケガからの回復を早めると言われます。

ビタミンCは、美容液などにも配合され、以下のような効果が期待されていますが、現代人の摂取量は不足しているようです。

  • メラニンの生成を抑えてシミなどを防ぐ
  • 抗酸化作用により活性酸素を除去する
  • 新陳代謝を促進してターンオーバーを整える
  • 紫外線からのダメージをケアする

ビタミンCの【医薬品】

肌のケアなら、皮膚の外側からビタミンCを与えればよさそうですが、皮膚からビタミンCを浸透させるのは、なかなか難しいですね。

化粧品メーカーは、分子を小さくして皮膚から浸透しやすくしたり、エステでは、導入美顔器を使って皮膚の深部へ浸透させるなどしています。

不足しがちなビタミンを多く含む食品を、積極的に摂りたいところですが、手軽に補充するなら、やはりサプリメント!

シミにケアするサプリメントにも、ビタミンCを配合したものが多いですが、効果はシミだけじゃない?

【第三類医薬品】シミ対策サプリ《ホワイトルマン》の効果について
【第三類医薬品】シミ対策サプリ《ホワイトルマン》は、シミ・そばかすに効果があるだけでなく、歯ぐきからの出血予防効果もあるミスミ製薬の医薬品で、妊娠中や授乳期でも飲めるのが好評です。<全額返金保証>が安心!

飲んでシミをケアする【医薬品】!さまざまな症状に効果が!

ホワイトルマン・配合ビタミン

シミ・そばかすを薄くしたいと思えば、皮膚の外側からのケアを考えますが、忘れがちなのが体の内側からのケア。

【第3類医薬品】ホワイトルマンは、医薬品として3つのビタミンが配合されているので、シミ・そばかすだけでなく、次のような諸症状にも効果があります。

  • しみ、そばかす、日やけ・かぶれによる色素沈着
  • はぐきからの出血、鼻出血
    ※「ただし、これらの症状について、1ヶ月ほど使用しても改善が見られない場合は、医師、薬剤師又は歯科医師に相談してください。
  • 肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時、老年期

【第3類医薬品】ホワイトルマンについてくわしくは

【医薬品】なのに子供が飲んでも大丈夫!?

ホワイトルマンは、【医薬品】としての摂取基準があります。

ビタミンCは、通常の食事による過剰摂取の報告は無く、特に耐容上限量は定められていませんが、年齢による摂取基準は次のようになっています。

<用法・用量(1回分)>
1日2回目安・朝夕服用

●成人15歳以上 2カプセル
●11歳~15歳未満 1カプセル
●7歳~11歳未満 1カプセル
●7歳未満 服用しないこと

つまり、7歳以上であれば、服用できるようです。ただし、ビタミンEを高配合しているので、他のビタミンEサプリを飲んでいるようでしたら、併用は避けたほうがいいでしょう。

【第3類医薬品】ホワイトルマンについてくわしくは

まとめ

現代人の食生活は、メニューが多彩になっているので、バランスが取れているように思われがちですが、とかく好きなものを食べてしまう傾向があります。

偏食によって栄養バランスがくずれることで、体調にもさまざまな障害が出るようになります。

体調は、肌や胃腸の調子に表れやすく、一度くずすと回復がなかなか面倒です。

体の内側からのケアは、肌にとっても基本です。

不足しがちなビタミンを補うことで、不安定な季節を乗り切ってください。

コメント