花王「バイオミメシス ヴェール」人口皮膚の効果は?

スキンケア

花王の人工皮膚「バイオミメシス ヴェール」が、いよいよ2019.12.4に発売になります。

人口皮膚の使用法は、肌の表面に極薄膜をつくり、肌の表面の水分環境を整え、寝ているあいだにスキンケアをするというもの。

シミやシワを隠すためと説明しているメディアもありますが、現段階では外出時の用途としての考えはないようです。

今後、メイクアップやボディケアの用途として開発していくとのことですが、将来的には、治療や医療分野への応用も視野に入れているとのこと。シミ・シワなどに悩む方にとっては朗報です。

花王の人工皮膚「バイオミメシス ヴェール」は高機能パック?

医療と美容では、人工皮膚に対する基本的な考え方が違います。

最新の医療分野における人工皮膚研究は、手術などによる傷を一時的に覆うもの、あるいは損傷あるいは欠損部の皮膚を永久的に再建する目的で研究がすすめられています。

一方、美容では、美容成分を肌に浸透させたり保湿することを目的としたものと、シミなどを隠すための人工皮膚があります。

花王の人工皮膚「バイオミメシス ヴェール」は、夜のお手入れの最後にエフェクターを付けた上から、ディフューザーで極細繊維を吹き付けます。そして、朝になったら、顔から人工皮膚をはがします。

ちょうど、フェイスマスクを一晩中つけているようなイメージですね。もし、フェイスマスクを長時間つけっぱなしにしたら、マスクが乾き水分が吸収されて逆効果。

しかし、「バイオミメシス ヴェール」の人工皮膚はその心配はないようです。

「バイオミメシス ヴェール」驚異的な薄さ!

花王・バイオミメシス

※画像は花王「バイオミメシス ヴェール」のニュースリリースから引用

「バイオミメシス ヴェール」は、小型機器「ヴェールディフューザー」を使って、人工皮膚をつくります。

「バイオミメシス ヴェール」の人工皮膚の厚さは、なんと1㎛(マイクロメートル)

ちょっとイメージが湧きにく厚さですが、百万分の1m、千分の1mm、という薄さです。たとえば、超精密部品のギアの許容誤差。フォーミュラカー「F1」のエンジンに使われるギアの精度がこのくらいでしょうか。

よけい、分かりにくい?つまり、日常生活ではまったく考える必要がないほどの薄さになります。

「バイオミメシス ヴェール」の使い方は、つぎのようになります。

  1. 夜のスキンケアの最後に、肌に、美容液「ヴェールエフェクター」をなじませます。
  2. 「ヴェールディフューザー」(小型機器)に、化粧液「ヴェールポーション」をセットして、肌に極細繊維を吹き付けます。
  3. 朝起きたら、人工皮膚をはがします。

「バイオミメシス ヴェール」は、一晩中つけているフェイスマスク、といった感じでしょうか。こちらが、実際の動画です。

花王の“第二の皮膚形成技術”の第1弾は、「エスト」「センサイ」のスキンケアに応用 パナソニックも協力

極細繊維が、均質に噴き出されて人工皮膚がきれいに形成されていることに驚かされます。

「バイオミメシス ヴェール」価格と販売店舗

販売価格は、ニュースリリースによれば以下の通りです。

●ヴェールディフューザー
花王・バイオミメシス-ヴェールディフューザー
価格:5万円

●化粧液「ヴェールポーション」
花王・バイオミメシス-ヴェールポーション
価格:8,000円

※約45回分:ディフューザーにセットする

●専用美容液
花王・バイオミメシス-エフェクター
価格:12,000円
レフィル:11,500円
内容量:40g
※ブランド「est(エスト)」or「SENSAI(センサイ)」

販売スケジュール

〇2019.12.4~
直営店・百貨店6店 先行発売
直営店:「BEAUTY BASE by Kao」(東京都中央区銀座)
百貨店:伊勢丹新宿店/西武池袋本店/髙島屋横浜店/ジェイアール名古屋タカシマヤ/阪急うめだ本店/あべのハルカス近鉄本店
〇2020年~
順次百貨店での取り扱い店舗を拡大予定とのこと

<バイオミメシス ヴェール「美容液」について>
バイオミメシス ヴェールで提供される美容液は、「est(エスト)」「SENSAI(センサイ)」の2種類あります。
ニュースリリースによれば、アジアでは花王のブランド「est(エスト)」として、ヨーロッパでは、カネボウ「SENSAI(センサイ)」として販売する計画のようです。
ちなみに、株式会社カネボウ化粧品は、花王株式会社の完全子会社になっています。

「線維芽細胞」医療・美容分野共通のキーワード!

医療分野と美容分野では、人工皮膚の開発目的に違いがありますが、共通のキーワードが「線維芽細胞」です。

線維芽細胞は、最近、スキンケアのキーワードとして注目されていますが、医療分野では、傷口への効果とその増殖スピードの速さから、かなり以前から着目され人工皮膚の開発に用いられてきました。

線維芽細胞は真皮層にあるので、美容的には、肌の外側から美容成分を浸透させるのが難しいのですが、低分子化やイオン導入などの技術進歩によって、真皮層までとどかせることができるようになってきました。

しかし、肌質を根本的に変えようと思ったら、内側からのケアが欠かせません。肌は、常に内側から外側へ作られていくものだからです。

線維芽細胞を内側から活性化

肌を内側からケアしようとすれば、生活習慣や食生活の見直しが必要になりますが、年齢など、それだけでは十分なケアが難しい場合があります。

美容ドリンクは、肌を内側からケアすることを目的として開発されていますが、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどの美容成分は、そのまま飲んでも直接肌にはたらくわけではありません。

すべてが、一度アミノ酸に分解され、線維芽細胞で再合成されます。つまり、線維芽細胞が元気でなければ、スキンケアには充分はたらいてくれないことに。

線維芽細胞にはたらく美容ドリンク

花王「バイオミメシス ヴェール」で使われる美容液の線維芽細胞への働きはわかりませんが、あわせて線維芽細胞に働く美容ドリンクを試してみるのもいいかもしれません。

ラメリアプレミアムの口コミ情報
ラメリアプレミアム 気になる口コミ!とっても飲みやすいようだけど!ラメリアプレミアムは美容ドリンクなので、直接お肌に塗るコスメと違って、効果がわかりにくいかもしれません!でも、カラダのなかからケアするためには、口からの摂取が必要!そして、飲

コメント