『Kintone α GO』公道を走れる電動キックボード!アシスト自転車とどっち? 

Kintone・電動スケートボードクラウドファンディング

Kintone α GO(キントーン アルファ ゴー)は、公道走行ができる電動キックボード!

従来のKintoneの最新バージョンで、クラウドファンディング『CAMPFIRE』のプロジェクトから入手することができます。

Kintone α GOは、キックボードといってもハンドルがあるので、見た目は電動スケーターのようなデザインです。

「えっ、キックボードって、公道を走れないんじゃない?」

と思うかもしれませんが、Kintone α GOは原付なので、公道を走ることができるのです。

キックボードは、駅から目的地までの移動手段として、若い人に人気ですが、操作テクニックの難しさから、だれでも使えるわけではありません。

「Kintone α GO」と「電動アシスト自転車」、どちらを選ぶかそのポイントもチェックします。

◎CAMPFIRE『Kintone α GO』プロジェクト
【終了予定日】2020年2月28日
【支援金額】76,896円~
【リターン】Kintone α GO」
【お届け予定日】2020年4月
クラウドファンディング『CAMPFIRE』多彩なリターンとリスク
『CAMPFIRE』は、国内最大の「購入型クラウドファンディング」のプラットフォームです。 クラウドファンディングには、「購入型」「寄付型」「株式型」「融資型」「ファンド型」「ふるさと納税型」の6つのタイプがあり、CAMPFIREは「...

『Kintone α GO』電動キックボードの使いやすさをチェック!

コンパクトタイプの乗り物は、最寄り駅から自宅や目的地までの移動手段としてとても便利です。

1.5~2.0km前後の中途半端な距離だと、徒歩かバスを使うか、迷うところ。駅に駐輪場を借りて自転車通勤という手段もありますが。

令和の移動革命!公道可能で持ち運べる電動キックボード Kintone α GO
公道走行可能な電動キックボードがついに登場!今注目のラストワンマイルの新たな移動手段として革命を起こします。ガソリン不要で完全電動のエコな乗り物!

Kintone α GOの特徴 メリット・デメリットは?

Kintone・重量

Kintone α GOには、アシストタイプの自転車などと違う利便性がある一方で、軽量化のために犠牲にしている点もあります。

また、従来の機種との改良点についても、あわせてチェックしました。

<メリット>

  • 手軽に持ち運びができる
    ー本体重量10kgは、折りたたみ自転車12kg前後と比べても軽量。
    ー専用バッグに入れて、電車などへの持ち込みができる。
    ー万一、バッテリーが切れても安心。
  • 目的地への移動が楽にできる
    ー最高速度20-23km/hなので、時短で快適!
  • 移動で汗をかかない
    夏の暑い時期の移動でも、汗をかかない。
  • タイヤを6.5インチへ大径化
    ー従来タイプ5.0インチから、6.5インチへの大径化で、路面の衝撃を吸収。
  • 最大許容重量は120kg
    ー自転車のJIS基準では、乗車体重65kgですが、実際には80kgぐらいで設計されているようです。120kgは、原付ならではの重量。

<デメリット>

  • 走行距離が短い
    ーリチウムイオンバッテリーを搭載し、1回の充電での走行距離は、5-10km。でも、最高速度で走行し続ければ、走行距離は短く。
  • ヘルメットが必要
    ー原付はヘルメット着用が義務なので、かさ張るのが難点。
  • 他の荷物があるとかさ張る
    ー折りたたむことができますが、本体の他に、ヘルメットを収納するとなれば、他の荷物(バックパック)のサイズは多少制限されるでしょう。

Kintone α GOは原付なので、もちろん免許証は必携です。

原付をケースに入れて電車に乗れる、となれば画期的であることは確かです。

『Kintone α GO』の詳細スペックはこちら

走行距離がもう少し欲しいけど・・・

Kintone α GOの走行距離は、1回の充電で5-10kmですから、バスに乗るか、思い切って歩くかの距離での利用に向いています。

<利用ケース>
〇自宅ー駅 1km(往復2km)
〇会社ー駅 1.5km(往復3km)
合計5km

週2~3回ペースでのチャージが必要ですが、バッテリーが小型で、チャージ時間が4時間程度なので、それほど苦にはならないかと思います。

現在、電動アシスト自転車を利用している方だと、距離が物足りないかもしれません。

『Kintone α GO』詳しくはこちら

バッテリーは4.4Ah チャージは4時間 どれくらい保つ?

Kintone α GOに搭載されているバッテリーは、中国製リチウムバッテリー25.2V/4.4Ah(アンペアアワー)パワー:180kwで、チャージは4時間。

電動アシスト自転車の場合、一般的なコンパクトタイプでは、8Ahで、チャージは4時間+。

Kintone α GOのバッテリー容量を大きくすれば、距離は伸びますが、重量と体積が大きくなってポータビリティが悪くなります。

バッテリーのチャージ回数は、700回程度と言われますから、年間100回程度のチャージ。

理論的には7年間もつ計算ですが、バッテリーの性能は経年と利用頻度で落ちていきますから、4年前後と考えたほうがいいかもしれません。

『Kintone α GO』詳しくはこちら

保証期間や修理は?

Kintone α GOは、クラウドファンディング『CAMPFIRE』のプロジェクトなので、万一の場合の保証や修理などでのサポート体制が気になるかもしれません。

製造工場は中国ですが、ブランドとしては日本メーカーなので、これまでの取扱い実績からも、サポート体制の心配は無用。

2019年10月、クラウドファンディング「Makuake」の募集では、多くのメディアに取り上げられました。
目標金額を大きく上回り、その後、サポートに関するトラブル等の報告は無いようです。

『Kintone α GO』詳しくはこちら

「Kintone α GO」と「電動アシスト自転車」どっち?

「Kintone α GO」とコンパクトタイプ「電動アシスト自転車」、どっちを選ぶ?

Kintone α GOの標準価格は、109,890円ですが、『CAMPFIRE』では支援金96,140円で入手できるので、約13%OFF!

電動アシスト自転車は、8万円前後ですから、金額的には1~2万円の違い。

価格的にあまり差はありませんが、利用環境で選択するのがおすすめ。

令和の移動革命!公道可能で持ち運べる電動キックボード Kintone α GO
公道走行可能な電動キックボードがついに登場!今注目のラストワンマイルの新たな移動手段として革命を起こします。ガソリン不要で完全電動のエコな乗り物!

Kintone α GOはこんな方におすすめ

Kintone

  • 自宅と職場、どちらの最寄り駅も駅から遠い
  • 多汗症なので、汗をかきたくない
  • 手持ちの荷物が少ない

『Kintone α GO』詳しくはこちら

「Kintone α GO」の入手方法

「Kintone α GO」は、現在(2020.1.9)、クラウドファンディング『CAMPFIRE』のプロジェクト以外で入手することはできません。

支援金のリターンとして入手することができますが、Kintone α GOの標準価格と比べても、約13%OFFなのでとてもお得!

決済方法も、CAMPFIRE「Kintone α GO」のページから直接決済できるのでとても便利です。

CAMPFIRE『Kintone α GO』のページ

令和の移動革命!公道可能で持ち運べる電動キックボード Kintone α GO
公道走行可能な電動キックボードがついに登場!今注目のラストワンマイルの新たな移動手段として革命を起こします。ガソリン不要で完全電動のエコな乗り物!

国内最大のクラウドファンディングCAMPFIRE

コメント