『careco』カーシェアリング!わたしの損益分岐点は年間4000km?

カーシェアリング・八王子カーシェアリング

自分の車を持つよりも、はるかに高いコストパフォーマンスを発揮する!と言われているのがカーシェアリング。

車買い換えを機にコストを比較、さらに空き駐車場を活用した副収入のチャンスも!

はじめにこの記事を書いたときは、10年以上乗っていた普通乗用車でしたので燃費も悪く、損益分岐点は 4,000km。※車両購入費用は未算入。つまり、走行距離 4,000km未満であれば、『careco』を利用したほうがお得ということ。最近、燃費の良いコンパクトカー(1.2L)へ乗り換えましたので再計算。しかし、ガソリン価格の高騰などで、想定外の結果に。なんと、損益分岐点は、7,000kmに!?

『careco カレコ』は、首都圏・関西圏を中心として、約3000ヵ所を超えるステーションがあり、有料駐車場「三井リパーク」に併設されているところが多いですから、使いやすくとても便利です。

最近のガソリン価格の上昇は、事業者にとっては大きな負担のはずですが、『careco』の利用者はガソリン代の負担無し!

ガソリン代0円の理由は、利用料金に含まれているからとのこと!さらに、

  • 初期費用0円
    ※入会金不要です。
  • 月会費 実質0円
    ※月会費:980円は利用料金として使えます。

ガソリン代を考えなくていいのが、『careco』カーシェアリングのメリット!これで、事業が成り立つの?と心配も。

タクシーよりも、レンタカーより安くて、時間帯に よっては距離料金がありますが、とにかく便利で安い!?

『careco』の事業者としての損益分岐点が、利用者にとっても”損得の境目”になるはず。新しいマイカーで再シミュレーションしてみました。

<マイカー>

  • スズキ バンディット 2WD
    排気量:1.2L
  • 燃 費:13.7km/L ※計器表示
  • 走行距離:7,000km/年
  • 使用時間数:700時間(目安)

 

<カレコ・カーシェアリングクラブ>
◎お得な「平日プラン」の新規受付は、2020年3月31日で終了しました。

カーシェアリング!『careco』と『タイムズカー』はどちらが得?

『careco』と比較した理由は、以下のとおりですが、仕事でよく使っていたことも理由の一つ。

  • 近隣にステーションがたくさんあるので便利!
  • 6時間以内の利用なら『careco』が最安!
  • 車種が豊富!

『careco』の最低料金を、業界シェアトップ『タイムズカー』と比較したのが、こちら。

carecoタイムズカー
10分140円~15分220円~

業界シェアトップの「タイムズカー(旧名称:タイムズカープラス)※」の料金は、15分220円~

『careco』10分140円~は、15分に換算すると210円なので、「タイムズカー」より割安。

車両クラスによって料金体系が違いますが、買物など6時間以内の利用では、『careco』に軍配。ちなみに以下は、他の時間帯の比較。

〔料金例〕車両クラス:ベーシッククラス

利用時間carecoタイムズカー
最低時間10分140円15分220円
6時間4,080円4,290円
12時間5,700円5,500円
24時間7,300円6,600円
夜間パック
(18時~翌9時)
2,700円2,640円

デートなどで夜間パックを利用する場合、高級車を利用することが多いと思いますが、プレミアムクラスでは『careco』のほうが割安です。

〔料金例〕車両クラス:プレミアムクラス

利用時間carecoタイムズカー
夜間パック
(18時~翌9時)
5,100円5,280円

『careco』プレミアムプラスでは、レクサス、ベンツ、ジャガーなどの高級車が用意されていますから、さまざまなシチュエーションで車種を選ぶことができるのもメリット!

カレコ・カーシェアリングクラブ

『careco』初期費用0円!

こちらの記事では、『caerco』と『タイムズカーシェア』の比較を載せていますので、参考にしてください。

『careco』カーシェアリング【改訂】後も格安!・ベンツなど外車も!
都内なら、careco(カレコ)が一番お得で便利なカーシェアリング! カーシェアリングには、タイムズなど優良駐車場系列の事業者がたくさんありますが、都心での利便性、料金・車種を考えると、一番使いやすくてお得です。 東京に住んでいなく...

自分の車の年間コストはどれくらいかかる?

スズキ・バンディット(排気量1.2ℓ)の場合、車検費用、自動車税、重量税、オイル・バッテリー、タイヤ等消耗品など、ガソリン・自動車保険を除く車両維持費は年間約10~15万円。ここでは、12万円として比較しています。

自宅敷地内なので駐車料金は無料ですが、カーシェアリングを利用すれば、自宅のスペースを駐車場シェアリングとして貸し出すことができます。

空き駐車場をシェアリングサービスで貸すメリットは?
空き駐車場を、シェアリングサービスで貸し出す方が増えています。 業界最大手のakippa(あきっぱ)では、駐車場スペースを15分単位で貸し借りすることができるので利用者から好評ですが、貸す側の立場になると別の角度から検討が必要です。 ...

自分の車を停めていれば、その収入がありませんから、駐車料金年間6万円の駐車料を払っているものと仮定します。

気になるのが、ガソリン代!この負担が無いのがカーシェアリングのメリットでしたね。

〇年間走行距離:7,000km
〇1ℓあたりの走行距離:13.7km
〇年間ガソリン代:約82,000円
※ガソリン単価:160円/1ℓとして計算

これに、車両購入代金25万円/1年間あたりを加えて試算しました。

自家用乗用車の法定減価償却は6年ですが、10年以上乗ることを想定しています。※車両価格250万円、10年後の残価:0円として計算。

キャッシュフロー的には、この方が現実的です。

毎年、25万円を車両購入費用として貯金するイメージです。

まとめると、以下の表になります。

項目費用(年間)
車両代250,000円
車両維持費
(車検・自賠責・自動車税など)
120,000円
駐車料金60,000円
自動車保険60,000円
ガソリン代82,000円
合計572,000円

かなりざっくりですが、ほぼこんな感じ。

『careco』のカーシェアリングを利用すれば、これらの費用がすべて0円になるわけですが、利用料金と比べたら?

カレコ・カーシェアリングクラブ

『careco』初期費用0円!

『careco』カーシェアリングとの費用比較

『careco』:10分140円で試算しています。※2022.3.11現在

『careco』では、6時間を超えると距離料金16円/1kmが加算されますが、ショッピングなど近隣での利用が多いので、距離加算が無いものとして比較しています。

年間の使用時間数は、700時間として比較しています。

実際には、食事やお茶、ショッピング、日帰りドライブなどで長時間外出することがあるので、多分もっと長いはずです。

この前提条件で、比較したのが下表です。

年間走行距離年間走行時間数自車両の場合careco
6,700km670時間568,248円562,800円
6,800km680時間569,416円571,200円
7,000km700時間572,000円588,000円

金額の設定によってかなり違いがありますが、私の場合、マイカーと『careco』の損益分岐点は7,000km弱ということになるでしょうか。はじめ諸経費を高め(732,000円)に見積もったときの損益分岐点は、9,100kmぐらいでした。

すくなくとも年間走行距離が 7,000kmていどなら、マイカーを所有するよりも『careco』の利用したほうがいいようです。

カレコ・カーシェアリングクラブ

『careco』初期費用0円!

外出先での滞在時間が短ければいいけれど

『careco』のカーシェアリングを利用したほうが、コスト的にはとても経済的ですが、つぎのような不便も考えられます。

  • 元の場所へ戻さなければならない
  • 乗りたい車が空いていない
  • ステーションが自宅から遠い
  • とっさの外出時に不安が・・・

コロナ前、仕事の関係で『careco』をよく使いましたが、都内には『careco』のステーションがたくさんあり、このような不便を感じたことはありませんでした。

車の購入費用がかからないとしたら?キャッシュフローで考える!

自分の車の償却期間が終わって、実質的に、車両代金はゼロ、なんてこともあります。

以前乗っていた車がそうでした。

10年近くも乗っていれば、十分元はとれてます。そうなると、実質的な負担は、固定費とガソリン代だけ。

たまに、オイル交換やワイパー交換、バッテリー交換があるぐらいでしょうか。

車があるのに、無理にカーシェアリングにする必要もありません。

そこで、車両代をゼロとしてシミュレーションしたのが、下表です。

年間走行距離年間走行時間数自車両の費用タイムズカーシェア
7,000km700時間322,000円588,800円
3,300km330時間278,540円277,200円

車両の購入費用を無視すれば、年間走行距離3,300kmが損益分岐点というところでしょうか。

カレコ・カーシェアリングクラブ

『careco』初期費用0円!

まとめ

年間の走行距離が少ないほど、カーシェアリングを利用したほうが、経済的にはお得です。

もともとマイカーを持っていた方は、車を手放すことに抵抗があるかもしれませんが、子供の送り迎えや買い物など、短時間・短距離の利用が多いなら、カーシェアリングがおすすめ!

なんといっても、ガソリン代やメンテナンス費用、自動車保険がいらないのがいいですね。

ちなみに、首都圏や都市部では、careco(カレコ)が便利! carecoの都心部のステーションの地図がこちら。

careco・都内ステーション(都心部)

都内には、三井リパークの緑の看板が目立ちますが、この三井リパークに併設されているのがcarecoです。三井のリパーク系列で、保有台数は業界2位ですが、なんとベンツなどの外車も豊富

料金10分140円~で、使いやすくて評判もいいです。

なんといってもカーシェアリングは、自分の生活拠点の近くにあるのが一番。

空き状況などを考えたうえで、複数事業者と契約しておけば、不便を感じることはないでしょう。

カレコ・カーシェアリングクラブ

『careco』初期費用0円!

『careco』カーシェアリング【改訂】後も格安!・ベンツなど外車も!
都内なら、careco(カレコ)が一番お得で便利なカーシェアリング! カーシェアリングには、タイムズなど優良駐車場系列の事業者がたくさんありますが、都心での利便性、料金・車種を考えると、一番使いやすくてお得です。 東京に住んでいなく...
カーシェアリングで年間80万円を経費削減した会社
シェアリングは、個人が利用するだけではありません。企業が、シェアリングを利用することも多くなってきました。 カーシェアリングを、業務用に使って、年間約80万円の経費削減に成功した会社があります。それも、1台だけで! <カレコ・カーシ...
シェアリングエコノミーを大活用!
シェアリングといえば、カーシェアが真っ先に頭に浮かびますが、民泊や駐車場など様々な分野に広がっています。スキルのシェアを仲介するサイトもあり、簡単な家事手伝いからITやWeb関連、クラウドファンディングなど、副業でライフスタイルが変わるかも

コメント