「幹細胞培養液」の効果は?スキンケアに有用な成分

スキンケア

大阪大学の研究チームが、2020年1月27日、iPS細胞から作成した心筋細胞を、心筋症の重症患者への移植手術をおこないました。

iPS細胞は、さまざまな組織の細胞へ分化できる万能細胞として、これからの再生医療への応用が期待されています。

しかし、iPS細胞の移植が簡単ではないのは、腫瘍化(ガン化)などのリスクがあるためで、記者会見の席上でも、慎重に経過観察していくとの発表をしています。

一方、スキンケアなどの化粧品には、iPS細胞などの幹細胞は使われていませんが、一般的には、「幹細胞コスメ」と呼ばれています。

正確に言えば、「幹細胞コスメ」に配合されているのは、幹細胞を増殖させるときに使われる培養液です。

幹細胞培養液の安全性と効果については、名古屋大学の研究チームが、実験で検証していますので、以下の記事を参考にしてください。

「ヒト幹細胞培養液」医療分野でも幹細胞と同じ効果?
「ヒト幹細胞培養液」は、「幹細胞」そのものではないから、それほど効果がないのでは?と思うかもしれません。 再生医療の分野でよく話題になるのは、「幹細胞」そのもの。「ヒト幹細胞培養液」は、美容液などのコスメに配合されるものと思っていまし...

この幹細胞培養液には、数百種類ともいわれるサイトカイン(cytokine)など、細胞の増殖や活性化に必要な多くの成分が含まれています。

スキンケアにおいても、幹細胞培養液に含まれるこれらの成分が、幹細胞そのものと同じような効果を発揮すると考えられますが、心配する声もあるのは事実です。

ヒト幹細胞培養液に含まれる肌にはたらく有用成分

幹細胞が分泌する成分には、サイトカインなどのタンパク質成分が豊富に含まれています。

サイトカイン(cytokine)とは、細胞の意味であるサイト(cyto)+運動を意味するカイン(kine)の造語。

美容ではよく知られる増殖因子(グロースファクター)「EGF」「FGF」「PDGF」「IGF」なども、サイトカインの一種。

細胞の受容体(レセプター)にはたらいて、細胞の増殖や活性をうながします。

コスメに配合されるヒト幹細胞培養液には、解明されていない多くのグロースファクター(GF)が含まれていますが、このうち「EGF」と「FGF」について調べました。

ヒト幹細胞培養液コスメ『ディアガイア』公式サイト

線維芽細胞にはたらく8種類の注目成分!
線維芽細胞が、三大美容成分「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」をつくりだすことがわかってから、体の内側からスキンケアをする方が増えてきました。皮膚の外側からのケアでは、真皮層の線維芽細胞まで成分をとどけることが難しいからです。それで

EGF(上皮成長因子)

EGF(Epidermal Growth Factor)は、細胞の成長と増殖にはたらき、表皮細胞の分裂を活性化することで、皮膚のターンオーバーを促進します。

年齢肌にEGF を補うことで、ターンオーバーが正常化され、シミ・くすみ・乾燥・毛穴などの肌トラブルの改善につながります。

ヒト幹細胞培養液コスメ『ディアガイア』公式サイト

FGF(線維芽細胞増殖因子)

FGF(Fibroblast growth factors)は、線維芽細胞の増殖因子として、血管の生成や傷の修復、胚発生にはたらきます。

FGFは、細胞の定着率を向上させる物質として、再生医療の現場では欠かすことができない薬になっています。

おおきなメリットは、細胞の定着率が向上するので、少ない細胞でも治療ができるようです。

再生医療の現場でも使われているFGFの副作用は?

FGFを再生医療に使うことについて、発ガン作用を心配する声も一時ありましたが、現在では、ガンを作る能力については否定されています。

ガンを作る能力があれば、治療薬として認められることはありません。

FGFは、京都府立医大での心筋再生や、京都大学での大腿骨頭壊死に対する再生医療でも使われ、皮膚再生医療の現場でも頻繁に使われているようです。

肌の再生医療を専門におこなっているクリニックのケースでは、8年間で1万件以上の治療をおこなっていますが、長期間永続する「しこり」や「膨らみ」などの変形(副作用)は1 例も発生していないとのことです。

ヒト幹細胞培養液の美容液に副作用は?
ヒト幹細胞培養液の美容液に関心が高まっていますが、 「実際に効果があるのか」「副作用が心配」「価格が高い」 など、慎重な姿勢の方も多いようです。 幹細胞そのものがまだ新しい分野で、医療分野でも再生医療への応用が始まったばかりですが...

線維芽細胞の働きがスキンケアのポイント

線維芽細胞は、三大美容成分「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」を作り出して、肌のハリやツヤをささえています。

線維芽細胞の働きは、年齢とともに衰えていきますから、線維芽細胞の活性化はスキンケアの重要なポイントになります。

真皮層にある線維芽細胞は、肌の外側からのケアでは十分ではありません。効果的なのは、体の内側から線維芽細胞にはたらく成分を摂ること。

年齢とともに、ターンオーバーのサイクルが長くなりますから、その効果が現れるまでに時間がかかります。

そのため、スキンケアは、線維芽細胞が元気なうちから早めたほうが効果的です。

線維芽細胞へのはたらきがあるFGFなどのサイトカインを多く含んでいる「ヒト幹細胞培養液」コスメは、試す価値がある美容アイテムと言えるでしょう。

DEAGAIA

美容ドリンクの秘密
ラメリアプレミアムは、いま注目されている線維芽細胞にはたらく美容ドリンクです。直接お肌に塗るコスメと違って効果がわかりにくいので、@コスメに口コミがあがっていないのでは!?でも、真皮層にある線維芽細胞にケアするためには、カラダの外からでは難
<ヒト幹細胞培養液>細胞への働き 他の美容成分との違いは?
ヒト幹細胞培養液と、ふつうの化粧品に配合される美容成分では、細胞への働きかたが根本的に違います。一般的な化粧品に配合されるヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどの美容成分は、年齢とともに減少する成分を補うことが目的です。しかし、ヒト幹...
<スキンケア>大事なのは漢方療法の考え方!
漢方について、西洋医学の考え方からネガティブにとらえる専門家もいますが、個人的には漢方にかなりお世話になってきました。「イボ〇」とか「切れ〇」は、通常の治療では外科的手術になるかもしれないやっかいな病気ですが、漢方で体質を改善し、その後...

コメント