ヒト幹細胞培養液の美容液に副作用は?

スキンケア

ヒト幹細胞培養液の美容液に関心が高まっていますが、

「実際に効果があるのか」
「副作用が心配」
「価格が高い」

など、慎重な姿勢の方も多いようです。

幹細胞そのものがまだ新しい分野で、医療分野でも再生医療への応用が始まったばかりですが、アメリカではすでに1兆円市場。

日本ではこれからというところですが、百貨店にはヒト幹細胞コスメが並び、高級美容サロンでの施術にも使われ好評のようです。

大手化粧品メーカーは慎重姿勢ながらも、開発は進んでいるようですので、いずれ商品化されるものと思われます。

ヒト幹細胞コスメに感心が高い理由は、お肌へ直接はたらきかけることによるアンチエイジングへの期待です。

記事が長いくなってしまいましたが、「幹細胞コスメ」と呼ばれている全体像がおわかりいただけると思います。

<ヒト幹細胞培養液コスメ>心配はない?

幹細胞培養液には、次の3種類があります。

  • ヒト幹細胞培養液
  • 動物性幹細胞培養液
  • 植物性幹細胞培養液

ヒト幹細胞培養液の特徴は、皮膚の繊維芽細胞のレセプター(受容体)へ直接はたらきかける成分が含まれていることです。この働きは、他の幹細胞培養液にはありません。

ヒト幹細胞培養液のレセプターへの働き

ヒトの細胞には、レセプター(受容体)といわれる情報を受け取る分子が存在していて、外部からの情報物質をこのレセプターが受け取ることで、細胞が活性化します。

ヒト幹細胞培養液には、細胞活性のカギとなる情報伝達物質で免疫にも関与している“サイトカイン”が含まれていて、お肌の細胞を活性化すると考えられています。

“動物性由来” “植物性由来”のものについては、サイトカインが含まれていませんから、ヒトの皮膚の繊維芽細胞へ直接はたらくことはありません。

ヒト幹細胞美容液にヒト幹細胞ははいっていない?

“ヒト由来幹細胞培養液”と“ヒト幹細胞”とは、まったく違います。

ヒト由来幹細胞培養液は、幹細胞を培養するときに使われる培養液のことで、幹細胞を培養したときにできる上澄みです。

この上澄みには、豊富な栄養素が含まれていますが、なかでもその役割が期待されるのが“サイトカイン”ということになります。

“培養液”ですから、幹細胞そのものが入っているわけではありません。

ヒト幹細胞コスメに幹細胞そのものが含まれていたら、化粧品の原料としては使うことができません。なぜなら、幹細胞そのものが皮膚に付着することで癌化するリスクるからです。

ヒト幹細胞培養液には幹細胞そのものはまったく含まれていませんから、幹細胞そのもののリスクを当てはめることは正しくないことになります。

<ヒト幹細胞培養液>厳しい検査をクリアしたものだけが原料に!

ディアガイアセルリファクター・検査工程

これは、ヒト幹細胞培養液コスメ・ディアガイア『セル・リファクター』の検査工程です。

ヒト幹細胞培養液を配合した美容液は、“ドナー適合性検査”から定められた品質管理基準ガイドラインをクリアした“成分試験検査”をクリアして出荷されるまで、とても厳格なプロセスをふんで安全に製造されています。

ヒト幹細胞培養液を使ったコスメやエステは、アメリカや韓国が先行していますが、これまで副作用などの報告例がないのは、幹細胞そのもののリスクとはまったく違うからにほかなりません。

ディアガイア《セルリファクター》の口コミについては、コチラから
ディアガイア《セルリファクター》ナイトリペアエッセンスの口コミ情報です!年齢肌にケアするヒト幹細胞培養液のコスメとして好評!新宿・百貨店のコスメクリニックでも取扱っています。

ヒト幹細胞培養液のエステについて

ヒト幹細胞培養液を使ったエステも人気ですが、一時よりも宣伝は落ち着いています。

理由は、大手エステサロンのメニュー“幹細胞美顔トリートメント”の広告が、“誇大広告”として東京都から指摘を受けたことがきっかけだったようです。

“細胞レベルでの若返りを目指す”などの謳い文句が、科学的根拠がないとして景品表示法に触れたとのことですが、ヒト幹細胞培養液の働きそのものが否定されたわけではありません。

あくまでも、広告表示の問題ですが、一般消費者からみれば、慎重になるのはやむをえないかもしえれません。

この大手エステサロンでは、現在別の名称で、幹細胞培養液を使ったメニューを組んでいるようです。

ヒト幹細胞培養液のコスメに副作用はない?

幹細胞そのものを使った治療については、癌化リスクだけでなく、術後のトラブルの報告例もあります。

美容分野では豊胸手術がよく知られていますが、医師の技術レベルなどの問題から、術後に後遺症が残ったなどの報告もあります。

しかし別の項でもお話したように、ヒト幹細胞培養液を使用したコスメにはその心配はないようです。
現在までのところ、ヒト幹細胞培養液を使ったコスメ、特に濃度が高い美容液についても副作用やお肌の異常などの報告はないようです。

エステサロンでのメニューは?

エステサロンのヒト幹細胞培養液を使ったメニューについて、いくつか紹介します。

「ヒト幹細胞導入&フェイシャル」 90分 18,500円
「ト幹細胞・美肌再生コース」120分 12,000円
〇「ヒト幹細胞フェイシャル」 50分 10,000円

料金体系に幅はありますが、一般的なフェイシャルエステと比べて、50~100%アップという印象です。

エステサロンのサイトをのぞいてみると、実際に施術した方のビフォーアフターが掲載されていますが、利用者の満足されている様子がわかります。

しかし、継続的な施術を考えると、かなりのコストになるのは確かです。

「濃度」を成分表記をかならずチェック!

ヒト幹細胞培養液が配合されていると言っても、化粧品によってはその配合量がほとんどない、というものも少なくありません。

美容液は主役成分のエッセンスですから、そのよう商品は少ないようですが、購入される場合は、ぜひ成分表記を確認していただきたいと思います。

成分表記にはルールがあります。含有量が多いものから記載されていて、全成分表記が確認できることが条件です。

ヒト幹細胞培養液を使用している美容液を、メーカーのホームページでチェックしたところ、成分表記に、“ヒト脂肪細胞順化培養液エキス”が一番初めに記載されている美容液がありました。

成分の配合量が一番多いということになりますが、それが、

ディアガイア『セルリファクター』

ディアガイア・セルリファクター

高級エステサロンでの施術に使われているそうですが、都内の有名百貨店のコスメショップでも取扱いがあるようです。

ディアガイア京王百貨店

ヒト幹細胞培養液は、国内で商品化されてからまだ数年しかたっていませんが、これからますます注目される分野であることは間違いありません。

これからもチェックしていくつもりです。

正しく理解しておきたいので、長い記事になってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございます。

ディアガイア『セルリファクター』公式サイト

DEAGAIA

コメント