乾燥肌の保湿ケアはいつから始める? 痒みにステロイドは?

スキンケア

肌がピリピリし始める季節になりました。

もともと金属アレルギーで、皮膚が敏感なこともありますが、空気が乾燥する季節になると、太ももの内側にピリピリとした感触があらわれます。

毎年、わかっていることなので、夏の終わりごろから保湿に重点を置いたスキンケアを心がけています。ケアのタイミングが遅れると、なかなか肌が正常な状態にもどらず、一冬中、ステロイド剤の世話になる年も。

あかぎれになったり、ヒビ割れたりしないので、乾燥肌ではなかったとしても、痒みが出たときに掻きこわし、結果的に皮膚の水分が蒸発することで乾燥肌に?

「乾燥肌」と「敏感肌」はどう違う?

「乾燥肌」と「敏感肌」、どちらも痒みなど不快な症状となって表れますが、どちらも症状があらわれる前の保湿ケアがポイントになるのは同じ。

ただ、敏感肌の場合、原因がアレルゲンであることが多いので、保湿ケアだけでなく、化粧品や食品などの成分に注意が必要です。

乾燥肌の症状が悪化すると、ひび割れやあかぎれになりますが、部位によっては治りにくいだけでなく、痛みや出血、水だけでも沁みるなどかなりつらい症状になるので、早目にケアするのがポイント。

とくに、主婦など水を使う仕事が多い方は、季節に関係なくひびやあかぎれに悩まされることになります。

体験的なことを言えば、「乾燥肌」と「敏感肌」、どちらも初期段階では痒みとなってあらわれ、しっかり保湿することでかなり症状がやわらぎます。

乾燥肌のスキンケアは10月から

夏場、肌の乾燥状態を体感することはほとんどありません。実際には、夏のインナードライも要注意ですが、肌の症状としては冬の乾燥期ほどではありません。

乾燥肌のおもな原因は、気温の低下や乾燥した空気などの環境の変化ですから、秋口ぐらいから早めに保湿ケアをはじめれば、冬になってひびやあかぎれに悩まされずにすむことも。

乾燥しやすい季節になる前に、早目に保湿クリームを塗りますが、9月~10月上旬から太ももの内側や腕のかゆみが出やすい部位に塗り始めると、快適な冬が過ごせます。

夏から塗りはじめる年もありますが、私の場合、肌にわずかなピリピり感を感じてからでも手遅れにならずにすんでいます。

私が今使っている保湿クリームは、『アベンヌ トリクセラNT』です。赤ちゃんでも使える、肌にやさしい保湿クリームです。

どうしても痒くなったら、掻く前に塗り薬!

もし、保湿クリームでのケアが遅れて痒みが出てきたら、手で掻くのは禁物!

掻くと痒みは治まりますが、皮膚の角質層を痛めてしまうので、大事なバリア機能を壊してしまいます。

若い人であれば、皮膚の修復機能が働いて早目にバリア機能が回復しますが、高齢になると、皮膚の保湿機能が衰えると同時にターンオーバーのサイクルが長くなるので、回復が遅れます。

皮膚は、大きく「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層に分かれますが、一番外側の表皮の厚さは、わずかに0.2mm。表皮の一番外側の「角質層」は、さらに0.02mmという薄さ。

表皮は、この薄さで、紫外線や化学物質、ウイルスなどの外部刺激から、肌の内側を守り、水分の蒸発も防ぎます。

痒い場所を掻きこわしてしまうと、その周囲の皮膚も傷めてしまうので、バリア機能が落ち、肌の水分量も減少するため乾燥が進みます。

とくに関節部分は、曲げ伸ばしのたびに、ひび割れやあかぎれの部位が都度傷ついてしまうので、治りにくいの特徴です。

ステロイド軟膏は怖くない!

運悪く保湿ケアが間に合わなかった、あるいは保湿ケアをしたけれど痒みが出てしまった場合、すみやかに皮膚科での診察を受けることをおすすめします。

ステロイド軟膏、そして痒みがひどい場合にはかゆみ止めの飲み薬が処方されると思います。

ステロイド軟膏の使用については、副作用を心配する方が多いですね。私も、はじめは同じ気持ちでした。早いうちからステロイド剤を使い始めると、だんだん強い薬を使うようになり、やがて効かなくなってしまうのでは、との心配も。

じつは数十年間、ステロイド軟膏を使ってきました。

アルメダ軟膏、リンデロンV軟膏、ボアラ軟膏、メサデルム軟膏、アンテベート軟膏、ネリゾナ軟膏、ジフラール軟膏など。

これらは、私が実際に過去使ってきたステロイド軟膏です。医療に携わったかたならお分かりだと思いますが、このなかで「ジフラール軟膏」はStrongest(最も強い)で、これ以上の強さのランクはありません。

ちなみに、ステロイド軟膏の強さには5段階あって、以下のようになっています。

<ステロイド軟膏の強さ>
1 ) Weak(弱い)
2 ) Medium(中間)
3 ) Strong(強い)
4 ) Very Strong(とっても強い)
5 ) Strongest(最も強い)

一般的に、ステロイド剤は、年齢とともに強いものに移行していくと言われますから、30代から使い始めた私としては心配するのは当然です。

しかし、60歳を過ぎてからは、ジフラール軟膏を使うことはなくなりました。体質が変わったのか、仕事によるストレスが減ったのか、食事の変化によるものはわかりません。

今では、他のステロイド剤を使うこともほとんど無く、たまに「ネリゾナ軟膏」※Very Strong(とっても強い)を使うぐらいです。

医師からは、”痒いときに塗ってください”と言われていますから、痒みが出たときに、痒みが出た部分だけに限定して塗り、一旦痒みが治まったらあとは塗りません。

ステロイド剤は、薬によって、乳幼児への使用禁止、妊産婦への使用禁止、65歳以上の高齢者への使用注意などがありますので、医師の指示を必ず守ってください。
この記事は私個人の実体験を紹介したものなので、ステロイド剤の使用については医師の指示・指導を守り、内容については参考にとどめてください。

まとめ

今では、ステロイド軟膏を使うことは、1年のうち数えるほどになりました。早めに保湿クリームでケアしているおかげだと思います。

痒みが出た部位に、保湿クリームとステロイド軟膏を併用したこともありますが、これまでまったく問題は起きていません。

痒みや痛みが止まらないと、安眠できず、ストレスが溜り、体調が悪化することで症状がさらに進んでしまうこともありますから、無理な我慢は禁物。

とくに、女性の場合、ホルモンの変化や血流が滞ることで、肌の状態が悪くなりがちです。言い換えれば、肌の状態を知ることで体調がわかるといえるでしょう。

いずれにしても、早めの保湿ケアが、快適な冬を乗り越えるヒントになるはずです。

スキンケアは、体の外側からだけでは充分ではありません。内側からのケアについては、以下のサイトを参考にしてください。

美容ドリンクの秘密
お肌のハリ・ツヤ・弾力の違いは、年齢じゃなくて線維芽細胞のはたらきに秘密!?皮膚の三大美容成分「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」をつくりだすのは、線維芽細胞だけのしごとです。皮膚の真皮層にある線維芽細胞は、お肌の外側からだけではケ
ヒト幹細胞培養液コスメ
ディアガイア《セルリファクター》ナイトリペアエッセンスの口コミディアガイア『セルリファクター』は、ヒト幹細胞培養液を配合したコスメです。アットコスメなどの口コミには、件数は少ないですが、次のような声があがっています。「顔全体にハリとツヤがで

コメント