マスクのせいでおでこのシワが目立つ!?

スキンケア

おでこのシワ、気になりませんか?

マスクをしていることが多くなったせいか、目から上の部位が特に目立ちます。”マスク美人”という言葉をよく耳にしますが、目のメイク次第で、かなりの美人に。

唇とか、口角とか、歯並びだけでなく、ほうれい線も隠れるし、口臭に気づかれることもない、マスクの威力は大きいですね。

さらに、顔が小さく見える?

そこで視線が注がれる先は、目から上、つまり”おでこ”に。

”おでこ”のシワはナゼ深くなる

おでこのシワは、年齢とともに深くなっていきますが、中高年ぐらいからかなり目立つ人も。

おでこのシワができる原因は、加齢だけでなく、日常生活でのケア、顔の表情や癖が大きく関係しているようです。

  • 紫外線や乾燥によるダメージ
  • 表情の動きや癖

紫外線や乾燥によって、肌はかなりダメージを受けます。弾力性が失われ、肌の水分量が減少することで、シワができやすくなります。

おでこのシワは、顔の表情や癖によってつくられますが、若くて弾力性がある肌なら、表情の変化でできたおでこのシワもすぐに元へもどります。

しかし、乾燥状態の肌は弾力性が無いため、元へ戻りにくく、同じ表情を繰り返すことで、深いシワとなって刻まれることになります。

目を大きく見開いたときには、おでこのシワは横ジワになりますが、怒りや悲しみのときには、眉間に縦ジワができます。

眉間の縦ジワは、イメージ的にもあまり良いものではありません。気難しく見られてしまうことも。

無表情というわけにはいきませんが、できるだけ気分をリラックスさせて、おでこにシワをつくらないようにすることが大事です。

おでこのシワに注意する年齢は?

顔のシワは、部位によってでき始める年代が違います。

目の周りのシワは、20代からでき始め、30代になるとほうれい線が目立つようになります。

おでこのシワは、40代からと言われますが、日光をよく浴びる方や乾燥肌の人は、若い世代でも要注意です。

とくに、普段から、おでこや眉間にシワを寄せる癖がある方は、一時的にできたシワが元へ戻りにくくなり、肌の弾力が無ければさらに深く刻まれてしまいます。

おでこのシワを減らすには

顔の表情の変化や癖が、さまざまなシワをつくりますから、無表情で過ごせば良いわけですが、現実はそうはいきません。

眉間の縦ジワは困りますが、豊かな顔の表情は、大事なコミュニケーションツールです。

眉間にシワを寄せるのは、精神的にもマイナス!おでこにシワを作らないことを意識して、口角を上げてさわやかな笑顔を心がけましょう。

おでこ専用の「ヒアロディプパッチ」とは?

「ヒアロディープパッチ」は、メーカーによっては「マイクロニードルパッチ」とも呼ばれ、美容成分のヒアルロン酸を極小の針状に固めて、シートに並べたものです。

こちらが、その画像ですが、ヒアルロン酸でつくられた針にさまざまな美容成分を閉じ込めることで、肌の角質層の深くまで美容成分をとどけます。

オデコディープパッチ
※北の快適工房「オデコディープパッチ」公式サイトから引用

この画像は、北の快適工房「オデコディープパッチ」のものですが、いくつかのブロックに分かれ、シートが特殊な形状をしていることがわかります。

通常のシートは、数百本の針が集中して並べられています。

複数のブロックに分かれている理由は、おでこの形状や広さに合わせるためで、目じりなどに使われるものより大きなサイズになっています。

おでこ専用のケアアイテムはあまり聞いたことがありませんが、よく考えると、おでこは面積が大きく目立つだけでなく、年齢を感じさせやすい部位であること言えます。

オデコディープパッチの口コミ おでこへの効果は?
『オデコディープパッチ』は、おでこ専用のケアアイテム! おでこのシワ、結構目につくので気になりますが、できるだけシワを寄せないように注意しても年齢とともに深くなっていくような・・・。 このシワが無くなれば・・・、と悩んだ方も多い...

昨今、せっかくの笑顔もコロナ対策のマスクのせいで見てもらえませんから、視線は自然と目から上に集中することに。

少なくとも、眉間の縦ジワだけはつくらないようにしたほうが良さそうですね。

<ヒアルロン酸注射>シワ対策での対費用効果は?
マスクのせいでおでこのシワが目立つ!?
ヒト幹細胞培養液コスメ 中高年からでは遅い?コスパになった!?
更年期からの女性らしさはスキンケアで取り戻せる!?
「ヒト幹細胞培養液コスメ」選ぶまえに知っておきたいこと

コメント