<血流の悪化>ほおっておくと「冷え」「むくみ」が悪化!

スキンケア

血流が悪くなると、”冷え”や”むくみ”の原因になります。

その症状は年齢とともに悪くなっていきますが、普段の生活に支障がないうちは、気にする方は少ないようです。

しかし、”冷え性”をそのままほおっておくと、血管が硬くなって老化が早まるとの情報も。

体調にあらわれる血管の状態

血管の状態が良くないと、血流が悪くなり、さまざまな症状となってあらわれます。

  • 体が冷える
  • 足のむくみ
  • 肩がこる
  • 傷が治りにくい
  • 腰痛がある
  • 膝に痛みがある
  • 手足がしびれる
  • 目が充血する
  • 髪の毛が薄くなる
  • 歯ぐきが赤黒い
  • 吹き出物ができやすい など

これらの症状は、体中の細胞に酸素や栄養素を運んでいる毛細血管の働きが悪くなっている、あるいは毛細血管が失われているから。

また、細胞の活動によってつくられた二酸化炭素や老廃物を運び出すのも毛細血管の役割ですが、その排出機能が衰えたことも原因です。

血管に大切なコラーゲンの働き

コラーゲンは、肌や骨だけでなく、血管にも欠かせない成分ですが、年齢とともに減少していきます。

コラーゲンが不足すると、肌のハリなどが衰えてきますからわかりやすいかもしれません。

”年齢だから”とあきらめている方もいますが、血管が硬くなってくると、脳梗塞などの重大な病気の原因にもなるので要注意!

動脈や静脈は、内側から「内膜」「中膜」「外膜」の3層構造でつくられています。

資生堂・血管の構造・コラーゲン
※資生堂コラーゲン「LABO」から引用

この中膜と外膜の弾力性を保って、血管の劣化を防いで、血流をよくしているのが、コラーゲンです。

血管の弾力性が無くなると、破れやすくなることは容易に想像がつきます。

資生堂「ザ・コラーゲン B-Shot」の効果「リッチリッチ」との比較
資生堂の美容ドリンク「ザ・コラーゲン B-Shot」が、2019年10月21日に発売!「ザ・コラーゲン」シリーズでは、「リッチリッチ」「リラクル」が発売になっていますが、いずれも好評。B-Shotとの違いは?ザ・コラーゲン B-Shotザ・

毛細血管でのコラーゲンの役割

ヒトの体の血管の長さは、約10万kmと言われていますが、その99%が毛細血管です。

毛細血管は、心臓から送り出された血液が動脈を通って全身へ送られ、静脈を通ってふたたび心臓へもどるための、動脈と静脈の橋渡しをしています。

毛細血管の構造は、動脈や静脈の3層構造ではなく、「内皮細胞」と「壁細胞」の2層構造。


※資生堂コラーゲン「LABO」から引用

毛細血管の機能が衰えると、コラーゲンなどの三大美容成分を産生する線維芽細胞を作り出している真皮幹細胞に維持ができなくなります。

毛細血管の「内皮細胞」と「壁細胞」をしっかり結合させる役割をはたしているのが、「Tie2」です。
<ゴースト血管>症状は30代から!スキンケアにも・・・ヒハツの働きは?
年齢とともに、肌悩みが多くなりますが、その原因の一つが「ゴースト血管」。ゴースト血管は、血流が悪くなって機能を停止した毛細血管のこと。毛細血管は細くてたくさんあるから、少しぐらい機能停止しても大丈夫、なんて思っていたら大間違い。ほおっておく

「血流改善」でコラーゲン産生能力アップ!

毛細血管の血流が改善されることで、三大美容成分「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」の産生が促されます。

①毛細血管の血流が改善する
②真皮幹細胞が元気になる
③真皮細胞から線維芽細胞が作られる
④線維芽細胞からコラーゲンなどが作られる
資生堂「ザ・コラーゲン B-Shot」の効果「リッチリッチ」との比較
資生堂の美容ドリンク「ザ・コラーゲン B-Shot」が、2019年10月21日に発売!「ザ・コラーゲン」シリーズでは、「リッチリッチ」「リラクル」が発売になっていますが、いずれも好評。B-Shotとの違いは?ザ・コラーゲン B-Shotザ・

毛細血管を元気にする生活習慣

毛細血管を元気にするためには、生活習慣の改善は欠かせません。

  • 質の良い睡眠をとる
  • ストレスを減らす
  • 適度な運動をする

当り前のようですが、出来そうでできないのが現実です。

現役世代では、知らないうちにストレスが溜り、目を閉じてもなかなか寝付かれない、そんな悪循環が続きます。

日中も、なんとなく頭がぼーっとなって、ストレスは増々蓄積することに。

さらに休日に運動をしなければ、血流が悪くなって、毛細血管はゴースト血管になり、やがて失われてしまいます。

そうなると、”冷え性” ”むくみ” ”肌荒れ”などの症状が、ますます進行することに。

sukkiri.net/capillary-and-body-condition/

線維芽細胞にはたらくサプリメント

サプリメントを使いたくないという方も多いと思いますが、年齢とともに、普段の食生活やケアだけでは、体調管理が難しくなるのが現実。

コラーゲンそのものは、食品から摂取してもそのまま皮膚のコラーゲンになるわけではないことが知られています。

しかし、コラーゲンを低分子化した「コラーゲンペプチド」や、一部の成分について、線維芽細胞を増殖させたり、線維芽細胞の働きを活性化することが知られています。

人によって体感は違いますが、早ければ2週間ぐらいで変化を感じる方もいるようです。

線維芽細胞にはたらく成分について

線維芽細胞にはたらく8種類の注目成分!
線維芽細胞が、三大美容成分「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」をつくりだすことがわかってから、体の内側からスキンケアをする方が増えてきました。皮膚の外側からのケアでは、真皮層の線維芽細胞まで成分をとどけることが難しいからです。それで



コメント