スキンケアで免疫力UP!カギを握る「ランゲルハンス細胞」

スキンケア

皮膚は、2段階の仕組みで、外部刺激からカラダ内部を守っています。

第1段階として、細菌やウィルス、カビやダニ、化学物質などの外部刺激が体の内部へ侵入するのを、表皮の角質層が、物理的に防いでくれます。
第2段階では、表皮のランゲルハンス細胞が、角質層で防ぎきれなかった細菌やウィルスなどの情報を免疫細胞に伝え、免疫機能がはたらいて異物をやっつけます。

免疫能力がすでに備わっている異物の侵入であれば、免疫細胞がただちに異物を攻撃しますが、未知の異物にたいしては免疫細胞の反応が遅れ、症状悪化の原因になります。

皮膚の老化でも、このランゲルハンス細胞の数が減少することで、異物の情報伝達が遅れるため、異物がそのまま体内に入り込み、健康被害が起こることになるわけです。

年齢とともにスキンケアが大事、とよく言われますが、単に外見だけの問題ではないようです。

美容ドリンクの秘密
お肌のハリ・ツヤ・弾力の違いは、年齢じゃなくて線維芽細胞のはたらきに秘密!?皮膚の三大美容成分「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」をつくりだすのは、線維芽細胞だけのしごとです。皮膚の真皮層にある線維芽細胞は、お肌の外側からだけではケ

<スキンケア>免疫力のカギを握るランゲルハンス細胞

カラダの状態は肌に表れるといいますが、肌の状態がカラダ全体の健康を守る免疫機能にも影響をあたえることにもなるわけです。

その免疫機能のカギを握っているのが、表皮にあるランゲルハンス細胞です。

ランゲルハンス細胞とは

ランゲルハンス細胞は、表皮全体の細胞数の2~5%を占めていて、外部からの異物の侵入を監視する見張り番のはたらきをしています。

樹状細胞とも呼ばれるように、樹の枝のような突起を張り巡らして、皮膚だけでなく外気に触れる鼻腔、肺、胃、腸管などに存在して、外部からの異物の侵入を監視しています。

骨髄で作られますが、胎児期に表皮に移動したあとは、成熟したランゲルハンス細胞が分化を繰り返すことで、表皮でそのまま維持されるようです。

ランゲルハンス細胞のはたらき

ランゲルハンス細胞は、外部からの異物を取り込むと、リンパ器官へ移動します。

リンパ器官の免疫細胞であるT細胞やB細胞に、異物の情報(抗原)を伝えることで、T細胞やB細胞が活性化され、異物を攻撃することになります。

高齢になると、悪性腫瘍になる人が増え、感染症が重くなるのは、免疫機能の低下が原因ともいわれますが、老化によるランゲルハンス細胞の減少も関係しているようです。

酸化に弱いランゲルハンス細胞

ランゲルハンス細胞は、皮膚の表面近くにいて、外部からの異物の侵入を監視していますが、酸化に弱い特徴があります。

皮膚の表面は、汚れや皮脂の酸化によって酸性が強くなりますが、ランゲルハンス細胞にとっては、酸化は大敵!

ランゲルハンス細胞の外側をおおっている脂質が酸化してしまい、防御機能を十分発揮できなくなってしまうからです。

角質層のバリア機能が衰えは、ランゲルハンス細胞が減少する原因になりますが、その結果、免疫機能のはたらきが悪くなり、さまざまな健康トラブルが起こるわけです。

清潔な肌と保湿がポイント

ランゲルハンス細胞の機能を十分活かすためには、角質層のバリア機能を正常に保つ必要があります。

肌は皮脂膜によって保護されていて、健康な肌は、pHが4.5~6.0の弱酸性です。

しかし、皮脂が酸化すると過酸化脂質に変化し、カブレや皮膚炎、湿疹の原因になり、ランゲルハンス細胞の機能も弱まります。

さらに、皮膚のバリア機能を保つために必要なのが、保湿です。乾燥すると肌はアルカリ性に傾きますが、これもまた黄色ブドウ球菌やアクネ菌が最も繁殖しやすい環境なので要注意!

肌を清潔にして保湿を心がけることで、皮膚のバリア機能を保つことが、スキンケアと同時に免疫力を高めることになるようです。

「時短コスメ」の人気アイテム

現役世代や子育て中のママさんにとって、スキンケアは面倒ですが、人気急上昇の「時短コスメ」を紹介します。

日経産業新聞によれば、「DUO(デュオ)」のシリーズは、銀座ロフトでの売上が8割もアップしたとのこと。

「DUO(デュオ)」クレンジングバームは、「時短」「一つで5役」というだけではなく、効能評価試験の結果が開示されていることも人気のようです。

<参考記事>

https://shukatu-raku.seesaa.net/article/473686381.html
「時短コスメ」銀座ロフトの急上昇アイテムは?
「時短コスメ」人気が、急上昇! 日経産業新聞2020.2.11には、「時短コスメ、働く女性が美容に重宝 1品で多機能」の記事が。 オールインワ…

「DUO(デュオ)」公式サイト

<関連記事>

<ヒト幹細胞培養液>細胞への働き 他の美容成分との違いは?
ヒト幹細胞培養液と、ふつうの化粧品に配合される美容成分では、細胞への働きかたが根本的に違います。一般的な化粧品に配合されるヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどの美容成分は、年齢とともに減少する成分を補うことが目的です。しかし、ヒト幹...
ヒト幹細胞培養液の美容液に副作用は?
ヒト幹細胞培養液の美容液に関心が高まっていますが、 「実際に効果があるのか」「副作用が心配」「価格が高い」 など、慎重な姿勢の方も多いようです。 幹細胞そのものがまだ新しい分野で、医療分野でも再生医療への応用が始まったばかりですが...
「幹細胞培養液」の効果は?スキンケアに有用な成分
大阪大学の研究チームが、2020年1月27日、iPS細胞から作成した心筋細胞を、心筋症の重症患者への移植手術をおこないました。 iPS細胞は、さまざまな組織の細胞へ分化できる万能細胞として、これからの再生医療への応用が期待されています...

コメント