40代からナゼ老け顔に?20代からのツケ!?

ビタミンC・シミケアシミ対策

”人は見た目じゃない”といわれますが、それは深く付き合い始めてからの話です。

初めての人と会う時、相手の顔と服装をイメージしませんか?

待ち合わせ場所で、”多分あの人じゃないかな・・・” なんて思いながら、辺りをキョロキョロ。

相手と目が合った瞬間、”やっぱり” なんてことも。予想通りの年恰好のときもありますが、想像よりかなり若く見える方も。

思わず、”お若いですね!” と、口から言葉が出てしまいます。

顔が老けると気持ちも老ける

年齢とともに老けていくのは仕方ないけれど、実年齢以上に老けて見られるとやはりショック!気持ちまで、暗くなります。

服装が若々しくても顔が老けている方だと、そのギャップに違和感を覚えます。

とくに相手が女性の場合、メイクの濃さも気になり、打ち合わせが終わるまでずっとその違和感が頭から離れません。

バランスの悪い ”若づくり” が違和感の原因ですが、これは男性も同じ。

若く見られたほうが、人生の可能性がひろがるのは確かです。老け顔の原因がわかれば、”正しい若返り” ができる? 

おでこのシワをケアするヒント

なぜ老け顔に見られる?

初対面で老け顔に見られる原因は、つぎの3か所です。隠しようがありませんね。これ以外の部位は、時間が経たないと気が付きません。

  • シワ(目元、口元、眉間、おでこ)
  • シミ(目の下、頬の周り)
  • 髪(白髪、ボリューム、ツヤ)

実年齢より老けて見られると ”老け顔” と言われますが、実年齢の看板をぶら下げて街を歩いているわけではありません。

他人から見れば、外見=年齢。実年齢とのギャップがわかるのは、結局自分だけということになります。

逆に、この3点のケアしっかりできれば、実年齢より若く見られるのは間違いありません。

メイクでの誤魔化しは悪循環!

メイクで上手にシワやシミを隠したつもりでも、塗り重ねが増えれば不自然に。

肌が傷んでいなければ、メイクも上品に仕上がりますが・・・。シワが深くなり、シミが濃く範囲が広がってくると、メイクもそれに合わせてどんどん濃くなっていきます。

気づかないのは、本人だけ。でも、周りからはそんなこと言えません。言えるのは、政治家ぐらい?

ある女性知事のことを、”厚化粧”と揶揄した政治家がいました。たしかに、TV画面でもはっきりわかる厚化粧、だれの目にも明らかです。

”とうとう言っちゃった?” という感じ。本人としては、毎日、少しづつしか変化しないから、メイクが濃くなっていることに気が付かない。

こうなると、もう悪循環。

その知事、今はとても洗練されたメイクになっています。自分でも気が付いたんでしょうか。

オデコディープパッチの口コミ おでこのシワに効果は?
『オデコディープパッチ』は、おでこ専用のケアアイテム!おでこのシワ、結構目につくので気になりますが、できるだけシワを寄せないように注意しても年齢とともに深くなっていくような・・・。このシワが無くなれば・・・、と悩んだ方も多いはず。パ...

老け顔は皮膚の老化が原因!

シワ、シミ、白髪、薄毛は、皮膚の老化が原因です。

『青山皮膚科クリニック』のWEBサイトによれば、皮膚老化の原因は、約8割が「光老化」によるものだそうです。

光老化とは、おもに紫外線を浴びることで、皮膚にシワやシミなどのトラブルが起きる現象です。

シミも、40代になってからいきなりできたわけではなく、20代、30代の若いころからの蓄積が表面に現れたものです。

つまり、老け顔は、20代のころから作られていたというになります。

若い時の生活を思い返せば 、”なるほど” と納得せざるを得ないことばかり。

しっかり肌を小麦色に焼いて、ポジティブで健康なイメージ作り。そんなツケが、しっかり回ってくるのが40代。

カラダの内側からケアが大事!

浮き出てしまったシミ、細かなシワは、一度できたら、なかなか元には戻りません。

外からケアだけでは、改善するのが難しいのが皮膚の老化。

皮膚のターンオーバーは、内側から外側へ向けて進行しますから、深部の皮膚の状態が正常に機能しなければ、その結果がいずれ肌に表れてきます。

美容ドリンクの秘密
ラメリアプレミアムは、いま注目されている線維芽細胞にはたらく美容ドリンクです。直接お肌に塗るコスメと違って効果がわかりにくいので、@コスメに口コミがあがっていないのでは!?でも、真皮層にある線維芽細胞にケアするためには、カラダの外からでは難

老化防止のポイント

『青山皮膚科クリニック』亀山孝一郎院長は、老化防止のポイントとして、次の2つを挙げています。

  1. 活性酸素の量を減らす
    活性酸素は、糖や脂肪が燃焼するときにつくられますが、周りのいろいろな物質を錆びつかせ、その機能をおかしくします。この活性酸素量を減らすこと。
  2. 適度な運動をする
    適度な運動によって、筋肉量を維持することで、基礎代謝量を上げる。

ビタミンCは抗酸化作用がある栄養素のなかでも別格

活性酸素を減らす作用(抗酸化作用)がある栄養素としては、次のようなものがあります。

  • ビタミンC
     ー柑橘類、イチゴ、野菜、いも類など
  • ビタミンE
     -うなぎ、アーモンド、ナッツ類など
  • ビタミンB3(ナイアシン)
     ーたらこ、マグロ、いわし、落花生など
  • ポリフェノール
     -ワイン、チョコレート、コーヒーなど
  • アスタキサンチン
     -サケ、エビ、カニなどの赤い色素
  • βカロチン
     -ニンジン、モロヘイヤ、ホウレンソウなど

どれも、よく知られている栄養素で、おもな食材もイメージできると思いますが、なかでもビタミンCは、皮膚の再生には欠かすことができない成分です。

ビタミンCは水溶性のため、一度に大量に摂取しても尿として対外へ排出されてしまします。そのため、1日の推奨量(100mg)の3倍を摂っても足りないといわれています。

実際、ビタミンCは、カラダのあらゆる組織が必要とする栄養素です。そのため、肌のケアを考えると、推奨量ではとても足りません。

別の記事でも書きましたが、専門家によれば、肌のシミなどのケアを考えると、推奨量は1g、つまり1000mgとのこと。

サプリメントなどでの補充は早目から

皮膚のターンオーバーのサイクルは、年齢×1.5倍ですから、40歳なら60日もかかります。60歳では、3ヶ月(90日)。

若い時と同じようにケアしていたら、年齢とともに状態はますます悪くなっていきます。

スキンケアを目的としたサプリメントが、ビタミンCを1000mg以上も配合している理由が、なんとなく理解できますね。

オデコディープパッチの口コミ おでこのシワに効果は?
『オデコディープパッチ』は、おでこ専用のケアアイテム!おでこのシワ、結構目につくので気になりますが、できるだけシワを寄せないように注意しても年齢とともに深くなっていくような・・・。このシワが無くなれば・・・、と悩んだ方も多いはず。パ...
食事のコラーゲンでも一部は吸収されるようだけど・・・ペプチドとは
<シワ>原因がわかっていてもケアが遅れるのはナゼ?
「ウルトラファインバブル」人気シャワーヘッド比較
「ウルトラファインバブル(UFB)」トイレ掃除にも!
ウルトラファインバブル(UFB)の洗浄効果!MBとの違いは?

 

コメント