『特P』でバイクの基礎練習からジムカーナも?

特P/袖ヶ浦サーキット シェアリング

『特P』は、ネットで簡単に駐車場を予約できるシェアリングサービスとして、オーナーからも利用者からも好評です。

しかし、『特P』でバイクの練習場を割安で借りることができることは知りませんでした。

バイク初心者から本格的なジムカーナまで、駐車場から空き地などのスペースで練習できる予約制サービスです。

私はバイクに乗りませんから、こまかなことはわかりませんが、バイクの運転は素人が見ても、上手い下手がよくわかります。

公道で練習するわけにはいきませんが、多分どこかで練習するんでしょうね??

『特P』バイク練習場で腕を磨く?ジムカーナも!

『特P』には、駐車場や空き地などのスペースを活用した予約制サービスがあります。

バイクの練習は、どこでもできそうな気がしますが、きちんとしたところで安全にと思うと意外と場所がありません。

多摩川の河川敷に、白バイ隊が練習する場所があり、ときどき赤い三角のパイロンを立ててスラロームの練習をやっているのを見かけます。

かなりタイトに置かれてたパイロンを、バイクを限界まで傾けて、流れるように高速でクリアしていく様子を見ると、テクニックの凄さを感じます。

適正もあるんでしょうけど、日ごろの練習(鍛錬)の積み重ねが大事。練習の様子をみていると、白バイから逃げようなんて考えが、いかに浅はかな行為であるかわかります。

『特P』では、千葉県 袖ヶ浦フォレスト・レースウェイ バイク練習場なんと、白バイ隊の練習所より充実した環境の練習場を割安で借りることができます。

ただし、『特P』の会員であることが条件!

『特P』の会員になるにはこちら

『特P』で公式サーキットの一部を練習場に!

特P/袖ヶ浦サーキット

『特P』の公式サイトには、「特Pバイク練習場」のコーナーがあるのに気が付きませんでした。

なんと、「千葉県 袖ヶ浦フォレスト・レースウェイ バイク練習場」の案内が!

このコースは、千葉県・袖ヶ浦市にあって都心から1時間ほどの距離ですが、日本自動車連盟(JAF)公認レーシングコースで、国際自動車連盟(FIA)の規格にも適合しています。

「袖ヶ浦フォレスト・レースウェイ」はコース1周2,436mで、最大R220m、コース幅15~18mあり、歴史のある「筑波サーキット」1周2,070m、最大R105m、コース幅も10m程度とくらべると、ゆったりした印象。

筑波サーキットをレーシングカーでドライブしたことがありますが、最大R105m、コース幅も10m程度ですから、かなりテクニカル。ホームストレートへ入る前の複合カーブで、思いっきりスピンした経験があります。

今はもう、ライセンス更新していないので、走ることはありませんが、私の時代には「袖ヶ浦フォレスト・レースウェイ」はありませんでした。

『特P』では、「袖ヶ浦フォレスト・レースウェイ」のピット脇の駐車場の一部スペース(3か所)を借りることができます。

駐車場といってもかなり広いので、普通の駐車場をイメージしていたら、たぶん驚くはず。

充分な広さがあること、そして外部から人や車が入ってくる心配がないので、安全に練習できるわけです。

『特P』「袖ヶ浦フォレスト・レースウェイ」利用時間・料金

特P/袖ヶ浦サーキット

『特P』で借りることができるのは、区画①~③の3区画(ZOOMの枠の内側)。

『特P』の「袖ヶ浦フォレスト・レースウェイ バイク練習場」を借りる料金などは、以下のようになっています。

【平日】
・10:00~16:00  \15,000/1区画
【土日祝日】
・10:00~16:00  \25,000/1区画

<利用条件など>

  • 完全予約制
  • 練習区画は3区画
  • 1つの区画で同時に練習できる人数は、練習内容によって変わる
  • 『特P』の会員であること

スペースを借りるだけなので、パイロンや工具などは自分で用意する必要があります。

<サーキット内で利用できる施設>
●ガソリンスタンド
●車で同行する人の駐車場(無料)
●レストラン

『特P』の会員であることが条件

特P・安い駐車場を探す

「袖ヶ浦フォレスト・レースウェイ バイク練習場」を借りるためには、『特P』の会員であることが条件です。

『特P』の会員登録は、簡単で無料!

<登録に必要なもの>

  • クレジットカード
  • よく使う車両ナンバー

<『特P』の特徴>

  • 国内最大級6万件から駐車場検索できる
  • 近くの駐車場の料金と比較して安いところを探せる
  • 予約できるので安心!
  • クレジット決済だから小銭が要らない!
  • 予約時間内出し入れ自由!
  • 前日までキャンセル無料!
  • 事故など緊急時受付24時間無休!
『特P』駐車場シェアの口コミと評判!トラブルは?
特P(とくぴー)は、駐車場シェアの最大手akippa(アキッパ)と比べると後発ですが、独自のネットワークと利便性でサービスエリアを急速に伸ばしています。駐車場シェアをまだ利用したことがない、使い方が良くわからないと、迷っている方も多いと...

『特P』会員登録についてはこちら

まとめ

『特P』は、駐車場シェアリングサービスとしては後発ですが、都市部やスタジアムなどの周辺に契約駐車場が多いのが特徴です。

契約時間内は出し入れ自由なところも多く、自宅の駐車場感覚で使えるのがとても便利!

今回紹介したバイク練習場のほかにも、『特P』では新しいサービスがどんどん増えています。

とても便利なサービスですので、ぜひ会員登録しておいてください。

駐車場として貸してもいい空きスペースがあれば、『特P』へ貸し出すと、管理の手間がいらずに副収入が得られます。

バイク程度のスペースや、日中の空き時間だけの貸し出しも可能!

商店街や繁華街、大型施設周辺などでは、月数万円の収入になることも少なくありません。住宅街だと、月数千円程度ですが、年間にすると結構大きな収入です。

消費増税や固定資産税の負担を軽くするには、いいチャンスかも!

コメント