アルコール消毒で手荒れ!ウルトラファインバブルに殺菌力はある?

スキンケア

新型コロナウィルスの予防として、手洗いと消毒を徹底するよう、ニュース番組などでも呼びかけています。

しかし、人によっては洗剤やアルコールが肌に強すぎたり、配合成分によってアレルギー反応を起こすなど、肌トラブルの原因になるので注意が必要です。

過度のアルコール消毒に注意!
新型コロナウィルスの影響で、過度のアルコール消毒による肌トラブルが報告されています。 これまで、キチンと手洗いをしたことが無かった人が、神経質とも思えるほどていねいにアルコール消毒をしている姿を見ると、”肌を痛めない?”と心配になるこ...

そこで気になるのが、ウルトラファインバブル(UFB)が、新型コロナウィルスの殺菌に使えないかということです。

ウルトラファインバブルは、様々な効果があることが知られていて、洗浄効果もその一つ。

もし、ウルトラファインバブルに殺菌作用があるとすれば、過度のアルコール消毒で肌を痛めることもないからです。

<洗浄と殺菌の違い>
洗浄と殺菌は、その作用がまったく異なります。洗浄というのは、汚れを洗い流すこと。殺菌というのは、菌を殺すことです。
ウィルス退治には殺菌作用が求められるため、アルコールが必要になります。

新型コロナウィルス退治にウルトラファインバブル(UFB)は使えない?

経済産業省・九州経済産業局「ファインバブル活用事例集」には、ウルトラファインバブル(UFB)を含め、ファインバブル(FB)のさまざまな用途・可能性が掲載されています。こちらが、その活用例です。

ウルトラファインバブル・用途例ウルトラファインバブル・用途例※引用:経済産業省・九州経済産業局「ファインバブル活用事例集」

画像にもあるように、ウルトラファインバブルは、洗浄ではさまざまな用途につかわれています。

なかでも美容分野では、「洗顔」「頭皮洗浄」「シャワーヘッド」などに使われ、アトピー性の方でも洗浄成分による刺激が無いことから喜ばれています。

ただし、「殺菌」の文字はありません。

しかし、ウルトラファインバブルが開発された経緯を調べてみると、起源となったのはカキ養殖業者の救済。赤潮からの被害を対策として、直径50㎛(マイクロメートル)の泡を試してみたことから始まっています。

この泡の効果によって、カキや赤潮による被害をまぬがれ、この時の泡は、マイクロバブルと呼ばれました。

ファインバブルの定義

ファインバブルは、大きさによって下図のように定義されていて、その働きも違ってきます。

ここでは詳しく説明しませんが、ウルトラファインバブルの性質を知るうえで重要なポイントです。

ウルトラファインバブル(UFB)マイクロバブル(MB)
数十㎚~1㎛1㎛~100㎛
●ウィルス:100㎛
●タバコの煙:数十~500㎚
●スギ花粉:約30㎛
●黄砂:500㎚~5㎛

※引用:九州経済産業局「ファインバブル活用事例集」

ウルトラファインバブル(UFB)の洗浄効果!MBとの違いは?
ウルトラファインバブル(UFB)とは、とても小さな泡のことです。 泡と言っても目には見えません。 ウルトラファインバブルが含まれた水は無色透明なので、普通の水と同じに見えてしまいます。 しかしその機能は、「医療」「環境」「食品」「...

ウルトラファインバブルの殺菌効果について

オゾン(O₃)には、強力な洗浄殺菌能力と有機物分解能力があり、汚水処理に使われています。

このオゾンをウルトラファインバブルに封入することで、オゾンの含有濃度が高まり、汚水処理の効率が格段に向上することになります。

九州大学らのグループは、「空気ファインバブル水による殺菌効果の検討 」のタイトルで、興味深い研究発表をおこなっています。

低濃度の次亜塩素酸ナトリウム溶液中で空気をバブリングしたファインバブル水に よる殺菌効果を検討した結果、より低 濃度の次亜塩素酸ナトリウム溶液での殺菌の可能 性が示された。
※引用:農研機構「空気ファインバブル水による殺菌効果の検討」

次亜塩素酸ナトリウムは食品加工に使われますが、殺菌能力が高いものの、残留の危険性や臭いが残るデメリットが指摘されていました。

しかし、ファインバブル水を使うことによって、低濃度の次亜塩素酸ナトリウムでも、おなじような効果が得られる可能性がでてきたという研究です。

ウルトラファインバブルがウィルスを吸着?

ウルトラファインバブルは、マイナスの電荷を持っていて、汚れなどプラスの電荷を持つものを吸着する作用があります。

この作用が、ウルトラファインバブルの洗浄効果としてはたらきます。

ウィルスの場合は、どうでしょう。

モダンメディア52巻6号2006には、「ウィルスの電荷を利用した濃縮方法」について、東京大学工学部・片山浩之教授の記事が紹介されていますが、ウィルスの電荷について、次のように説明しています。

<要約>ウィルスは、中性の溶液ではマイナスに帯電していることが多いが、アルカリ性の溶液ではマイナス、PH5程度の酸性の溶液ではプラスに帯電する

この技術は、河川や水道水からウィルスを回収して、どんなウィルスが存在しているのかを調べるために使われているのです。

実際にウィルスを濃縮する技術は、このウィルスの電荷の特性を利用して、陰電荷膜を使い、電荷溶液に陽イオンを添加するなどしてウィルスを濃縮します。

ウィルスは、マイナスとプラス、両方の電荷を持つと説明しているサイトもありますが、正確には溶液のPHによって電荷が変わるのが正しいようです。

このウィルスの特性を考えると、プラスの電荷のときに、マイナスの電荷を持つウルトラファインバブルと結びつくことが考えられます。

圧壊による殺菌効果はある?

ファインバブルの圧壊(圧縮破壊現象)によって生成されたフリーラジカルやオゾンが、菌やウィルスを攻撃し、殺菌・消毒効果が期待できるとする説もあります。

◎自己収縮による圧壊(圧縮破壊現象)
自己収縮による圧壊とは、みずから収縮して、高圧・高温のエネルギーを発生することです。

しかし、流体力学に詳しいOHR社のサイトによれば、京都大学名誉教授・芹澤明示氏の説明を引用して、 つぎのように説明しています。

マイクロバブルは自然に圧縮破壊することはない。もし、自然に圧縮破壊するならば高温・高圧になるはずだが、実際には高温になっていない。

まとめ

ウルトラファインバブル(UFB)、マイクロバブル(MB)、どちらにしても、ファインバブルの研究はまだこれから。

経済産業省・九州経済産業局「ファインバブル活用事例集」には、ファインバブルの直接的な効果としては、殺菌効果の記載はありません。

ただ、オゾンなど水に含まれる他のさまざまな物質との相乗効果など、その働きが期待されているのは確かです。

圧壊による殺菌効果があるとしているメーカーもありますが、圧壊による効果については、前項で説明のとおりです。

「ファインバブル活用事例集」では、美容分野で「シャワーヘッド」への応用が紹介されていますが、ファインバブルの効果を感じる身近なアイテムです。

石鹸が要らない!?  アトピーにも優しい! 水道代も半分?

顔に描いた油性ペンがシャワーで落ちていくシーンを、テレビCMで見たことがある方も多いと思います。

実際には、多少擦ったほうが落ちますが、信じがたいのがファインバブルの世界です。

ウルトラファインバブル(UFB)の洗浄効果!MBとの違いは?
ウルトラファインバブル(UFB)とは、とても小さな泡のことです。 泡と言っても目には見えません。 ウルトラファインバブルが含まれた水は無色透明なので、普通の水と同じに見えてしまいます。 しかしその機能は、「医療」「環境」「食品」「...
「ウルトラファインバブル」人気シャワーヘッド比較
ウルトラファインバブル(UFB)は、さまざまな分野で使われ始めています。 読売TV「情報ライブ ミヤネ屋」で、肌に描いた油性ペンが、ウルトラファインバブルの泡で消えたのを見た方もいると思います。 番組で使用された機器のメーカーはサイ...
「ウルトラファインバブル(UFB)」トイレ掃除にも!
「ウルトラファインバブル」が、NEXCO西日本のPAのトイレ清掃に使われているで話題になりました。 汚れを吸着し剥離する働きがある「ウルトラファインバブル」が、トイレ等の清掃に活用できることは想像できますが、その経費削減効果の大きさに...
『ミラブル Plus』の効果!アトピーでもOK?他機種との違いは?
サイエンス社『ミラブル Plus(プラス)』は、2018年7月に発売された『ミラブル』に「トルネードスティック(塩素除去装置)」をプラスした最新モデルです。 正式名称は、『ウルトラファインミスト ミラブル プラス』です。 2019年...
『ミラブルキッチン』マイクロバブルは料理や飲用にも使える!?
ウルトラファインバブル(UFB)のシャワーヘッド「ミラブル」で知られるサイエンス社が、キッチン水栓『ミラブルキッチン』を開発しました。 ウルトラファインバブルは、洗浄力や生理活性作用などから、医療・食品・農業・水産などさまざまな分野で...

コメント